• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

きんきだいがくふぞく

近畿大学附属中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

人に愛され、信頼され、尊敬される人材を育成

「実学教育」と「人格の陶冶」を建学の精神とする近畿大学学園の附属中学校。とりわけ中学高校の6年間は、人格教育に力を注ぎ、「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人になろう」を校訓に、あいさつ運動を推進するなど、人として大切なことを学び、身につける教育を行っています。
また、中学・高校のどの時期に、どのような教育に比重を置くべきかを見定め、6年間を前期、中期、後期に分けて、効率の良いカリキュラムを組み、指導を実施。「知育」「徳育」「体育」の調和のとれた魅力ある人間の育成をめざします。

教育の特色

将来の進路を後押しする3コース制

生徒が将来の進路に向けて着実に歩めるように、中学1年生から、「医薬コース」「英数コース アドバンスト」「英数コース プログレス」の3つのコースを設定。それぞれの目標を達成するために、きめ細かな教育活動を実践します。なお、2年生進級時からコースの変更が可能であり、入学後の目標の変化にも柔軟に対応をしています。

<医薬コース>
医学部・薬学部などの医療系大学への進学をめざすコース。
近畿大学医学部・薬学部・附属病院との連携のもと、体験実習や講演会を実施。感受性の強い時期に、医療従事者として最も大切な使命感や倫理観を育成します。
※近畿大学医学部・薬学部への特別推薦制度や特待生制度があります。

<英数コース アドバンスト>
より深い学びにより、国公立大学への合格をめざすコース。
放課後のハイレベル演習や家庭での演習課題を充実させ、より深い学力を定着させます。3・4年生では、到達度別クラス編成を導入し、習熟度に合わせたカリキュラムを展開。5年生からは、文系・理系のクラス分けを行い、的確なデータ分析による、きめ細かな進路指導を行います。
※50%以上の生徒が国公立大学に合格しています。

<英数コース プログレス>
大学受験にとらわれない、真の大学附属教育をめざすコース。
一人ひとりの習熟度に応じた教科別の補習や再テストを実施し、基礎学力の定着を図ります。また、近畿大学の研究施設を利用した体験学習やグループ学習などにより、大学進学後に求められる総合的な学力を身につけます。
※近畿大学各学部(医学部を除く)への特別推薦制度や特待生制度があります。

最先端のICT教育を導入

平成26年度より、中学校の全生徒を対象にiPadを導入。デジタル教科書や学習支援ソフトなどを利用することで、授業の形態も大きく変化しました。授業支援ソフトとして、資料の配布や生徒からの意見回収をリアルタイムで行うことができる「ロイロノート・スクール」を活用。自分の考えをまとめたノートを提出し、同時に、友達のレポートと比較しながらディスカッションをするなど、生徒が主体的に授業に参加することで、「自律的に考え、判断し、表現する」能力を育成します。
また、学校からの連絡、配布物などが受け取れる教育支援ソフト「Cyber Campus」も、iPadにインストールされています。

近畿大学との連携教育

近畿大学は、13の学部を有し、最先端の学術研究を誇る20の研究所をもつ総合大学。本校では、この恵まれた教育環境を活かし、コースごとに近畿大学での体験実習や見学会、出張講義を実施。大学生の取り組みや、ハイレベルの学問に触れることで、生徒たちは、学ぶことの楽しさや目標を追い求めることのすばらしさを体得します。

キャリアデザイン教育の実践

自分自身の進路を明確にするために、キャリアデザイン教育を実施しています。興味関心を持ち自分自身で「調べる能力」、数多くの情報から必要な情報を「整理する能力」、自分の意見をしっかり持ち「話し合う能力」、調べ・まとめた結果を的確に「発表する能力」を磨く内容を取り入れ、キャリア教育にとどまらない、未来を力強く生きる力の育成をめざします。

施設設備

最新の電子機器をはじめ、充実した環境設備

11階建ての本館、5階建ての教室棟、体育館棟、テニスコートなど各種グラウンドを備え、生徒たちが伸び伸びと学べる教育環境を整えています。全ホームルーム教室には、iPadでの無線接続が可能なWi-Fi環境を整備し、電子黒板機能をもつプロジェクターも設置。また、中学校校舎には、さまざまな分野の実験に対応できるよう、タイプの違う理科室が2室あり、視聴覚機器も備え、理科実験以外にも幅広く利用されています。
高等学校教室棟1階の図書室には5万冊を超える蔵書があり、自習スペースも配置されています。体育館棟にはアリーナのほかに、柔道場や剣道場を完備。柔道場は全257畳、4試合を同時に行うことが可能で、大阪府下でも屈指の広さを誇ります。

学校行事

年間を通して実施される多彩な学校行事

5月に行われる体育祭は、一年の中で最も熱く燃える学校行事。全学年を4色のブロックに分け、ブロック対抗で競います。7月は、1年生が岐阜県郡上高原で自然体験をする「夏期学舎」、8月は4・5年生による夏期学習合宿、9月は校外学習、11月に文化祭、12月は球技大会、2月は2年生が斑尾高原でスキーを実習する「スキー学舎」、3月は5年生による沖縄離島への修学旅行があります。

部活動

高校ではクラブ数が増加。全国レベルのクラブも!

中学校では、運動部が9部、文化部が7部。高校になると、運動部が19部、文化部が10部と数が増え、全国大会に出場する強豪クラブも多数あります。平成27年度の夏期は、陸上競技部、相撲部、男子バスケットボール部、テニス部、洋弓部、囲碁将棋部が全国大会へ出場。また水泳部は、大阪高校総合体育大会水泳競技大会において、男子が総合優勝、女子は総合2位。相撲部は近畿高等学校相撲大会で、団体優勝および個人優勝の成績をおさめました。

進路指導

一人ひとりの未来へつながる進路指導

定期的に校外模試や校内実力テストを行って、生徒の学力推移を把握し、そのデータと個人の志望をすり合わせて、きめ細かな進路指導を実施。近畿大学をはじめ、難関国公立・私立大学の進学サポートをします。並行して、生徒たちが将来の夢を考えられるよう、職業の情報を提供するキャリアガイダンスも行っています。
また本校では、高等学校の成績により、学科試験免除で近畿大学に進学できる特別推薦入学試験制度を設けています。合格者は原則的に近畿大学に入学しますが、国公立大学の受験に限り、併願利用が可能となります。

その他

楽しみながら英語を学ぶ「近畿大学 英語村」

週に1回ネイティブの教員と英会話の授業を行う「E-Challenge(近畿大学英語村)」を実施。中学2・3年の希望者が対象で、カフェでのオーダーや、自己紹介を練習したり、ゲームや音楽、スポーツなどのアクティビティーを通して、英会話を学びます。
また2006年には、英語漬けの環境で、楽しみながら英語力を身につける「近畿大学英語村 E³【e-cube】がオープン。木造総ガラス張り、広さ約320㎡の立方体(cube=キューブ)型の建物に、ネイティブスタッフが常駐し、音楽、料理、工作、スポーツ、クイズなど、「学び」より「遊び」に主眼を置いた、新しい英語環境をつくっています。ちなみに、E³【e-cube】の3つのEは、English、Enjoyment、Education を表現しています。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう