• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

こうべがくいんだいがくふぞく

神戸学院大学附属中学校 

学校説明会レポート2018年度入試(2017年実施)

説明会名:プレテスト解説&学校説明会

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2017年11月23日(木) 祝日 晴れ 9:00 9:30~10:45 プラムホール

申込み(予約)

必要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
必要 不要

参加人数

約250人

父親の参加率

約50% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
0% 10% 90%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
-
説明会時間:2時間15分

プログラム1

5分

(9:30~9:35)

学校紹介動画

説明者:

・施設紹介、クラブ紹介

プログラム2

5分

(9:35~9:40)

挨拶

説明者:教頭

本校は、グローバル(世界規模の)とローカル(地域的な)を掛け合わせた「グローカル」という新しい言葉のもと、中学3年間は今住んでいる地元や日本について学び、高校3年間では世界について学ぶ教育を行っていく。中学校が開設されて半年がたったが、1年生は日々成長しておりたくましくなっている。先日も六甲山に行って自然環境について学びを深めてきた。入試まであと50日ほどであるが、残りの時間をしっかり勉強して元気な姿で来年入学してほしい。

プログラム3

70分

(9:40~10:50)

入試ガイド

説明者:入試広報部長

本校の入試は「基礎力確認入試」ということで小学校の教科書の範囲の中から出題される。入試は4回あるがほぼ難易度は変わらない。小学校6年生3学期末までが出題範囲になるので、そこまでは自分で勉強するか、塾でしっかり勉強してほしい。4回入試があるうち最初の1次A入試から多くの合格を出す。1次B、2次、3次とあとになるにしたがって合格最低点は上がっていく。募集定員は60名であるが今年の1期生は70名が入学した。入試日程は昨年と変わらない。すべてWEB出願。昨年からの変更点は、1次A入試の合否判定の仕方、合格発表の時間、1次B入試の入学手続きである。詳細は募集要項参照。

プログラム4

55分

(9:50~10:45)

プレテスト解説

説明者:国語・算数・理科各教員

■国語 受験者平均点50.8点 設問1/語彙 配点16点 設問2/説明的文章 配点40点 設問3/物語・小説 配点44点 語彙問題の漢字は漢字検定5級程度を目安として出題している。問2の同音異義語は教科書・便覧などに記載されている様々な表現から出題する。設問2の説明的文章はそれほど長くないので全体を読んで解くこと。傍線部のキーワードや、述べられている内容をしっかり確認すること。字数が指定された抜き出しは、字数が大きなヒントである。文章中の表現をもちいて答える問題は指定された字数にまとめ、必ず句読点をつける。設問3小説・物語文も文章がそれほど長くないので全体を読むこと。接続詞の問題は必ず前後を読み比べ、前後の文の関係を考える。物語文においては登場人物の把握や場面の把握をしておく。
■算数 受験者平均点49.8点 設問1/計算問題 配点20点 設問2/小問集合 配点24点 設問3/場合の数 資料の調べ方・単位 配点31点 設問4/角度・面積・体積・立体に関する問題 配点25点 設問1の計算問題は全問正解をめざしてほしい。設問2の小問集合は教科書の内容を幅広く理解しておく。また、過去問をしっかりやっておく。設問3は小学校6年生の教科書の最後の範囲まで出題されるのしっかり勉強しておくこと。設問4は応用問題含めしっかり学習しておくこと。最後に、計算問題は速く、正確に。自分がよくする計算ミスのパターンを理解しておく。小学校6年間の全てが範囲なので、苦手分野を作らず、幅広く学習しておく。様々な図形に関する問題を解いておく。
■理科(プレテストは実施していない)設問1/生物分野(植物の成長) 設問2/地学分野(気温と湿度) 設問3/化学分野(水溶液の性質) 設問4/物理分野(ふりこ)教科書の内容が基本なので小学校3年から6年生の教科書をしっかりと読む。基本用語をしっかり覚える。教科書に出てくる観察や実験は目的と結果から考えられる“まとめ”まで確認しておく。  

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり:10:45~ なし

編集後記

神戸三宮からポートライナーで4駅目の「みなとじま」駅を降りるとすぐそこに学校があり、とても通学に便利な立地です。2017年4月に開校したばかりの真新しい校舎は、ガラス壁を多用したとても開放的な空間で、ここなら子供たちも伸び伸びと明るく楽しい学校生活がおくれそうです。
(ST)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする