• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

せいぶだいにいざ

西武台新座中学校 

学校説明会レポート2018年度入試(2017年実施)

説明会名:第3回学校説明会

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2017年7月8日(土) 晴れ - 9:30~12:00 多目的教室

申込み(予約)

不要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

[ 備考 ] スリッパ貸し出しあり

参加人数

約130人

父親の参加率

約15% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
20% 80%

子供向け企画

あり 理科実験教室(表面張力の不思議)

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
- -

[ 備考 ] 進学通信冊子 説明会カレンダーチラシ 英語発音用プリント

開始前の動画上映 20分 学校紹介DVD
説明会時間:1時間0分

プログラム1

10分

(9:35~9:45)

あいさつ

説明者:校長 深澤一博先生

2020年に大学入試の大幅な改革がある。コンピューター導入の大学入試に備えて、ただいま全校舎無線ランが使えるように工事中。次に本校が英語に力を入れるわけは、通訳の器械も出てきているがコミュニケーションをとることが大切で、英語で会話ができ世界に羽ばたく実力を身に付けさせたい。この学校の6年間で何が好きで何を学びたいのかを是非見つけ出してほしい。そして非常にきめ細やかな授業をしているので、どの学年でも良いので是非、授業風景を見てほしい。この他、夏にもいろいろイベントを用意しているので是非参加してほしい。本日はお子様方は楽しんでいってほしい。

プログラム2

35分

(9:45~10:20)

教育コンセプト~理数教育について~

説明者:入試広報部主任 栗原隆恵 先生

 10年から20年後、人工知能やロボットが人間の仕事を奪う時代が来る。そして日本の企業が求める人材能力のベスト3が、1:コミュニケション能力 2:主体性 3:チャレンジ精神。となってきている。そこで、日本も国を挙げて大学入試改革、教育改革に向けて動き出してきた。大学入試が変わるということは、それに伴い中学高校も変わらざるを得ないと考え、今本校でも教育改革が進んでいる。*ICU、追手門大学、九州大学、東北大学、お茶の水女子大学などの入試形態の例を紹介。これらの新しい入試形態に対応するには、今まで同様の基礎学力に加え流行を踏まえた、社会的な変化に対応できる力を持った生徒の育成が必要と考える。
本校の教育コンセプトは、「グローバル社会で活躍するたくましい人間力を育む」である。たくましい人間力を養うには、・主体性・社会性・計画性・コミュニケーション能力を身に付けていきたい。次に理数養育の取り組みについて。近年の理数教育の傾向としては、AIの全盛時代を迎え、文系でも理数の要素が必要となってくる。オバマ大統領がSTEM教育が必要と唱えてから、理数教育の重要性が増してきた。理数教育で培う力の一番は、論理的思考力である。今までの知識を学ぶ理数教育から、問題解決的な学習、主体性と表現力を養う学習が必要となってきた。実際の授業のカリキュラムの説明。中1では、実験や観察を多い単元を取り入れるている。中2では、理解することが多い単元を取り入れる。中3は大学受験を見据えた実践的な授業。生徒自らが小テストを作成して解説するなどして論理的思考力を養う。次に数学科の特徴は、①基礎学力の徹底。②理解度を高める授業。③考え合う教え合うことで真の数学力を高めていく。どの教科も共通して論理的思考力、コミュニケーション能力、主体性、を育みながら相手が理解できる表現力を身につけることが目標。具体的な授業の内容として、理数教育で一番大事なのは、理数を嫌いにならないということ。これからの時代は理数教科を避けては通れない。本校アンケートでは9割の生徒が数学に対して肯定的な評価をした。繰り返し理数教科が嫌いにならないことが一番大事と考える。

プログラム3

15分

(10:20~10:35)

英語教育について~Festina Lnte~

説明者:主幹教諭・英語科教諭 仲丸 裕康先生

本日のお話は、「優れているように見せたい人」
格好をつけて話したいときは、話の中に英単語を入れることでいかにも優れた人のように見える。西武台新座は英語教育を打ち出しているし、定評がある。しかし一番大事なのは国語力である。また、英語を今習っている方の否定はしないが、入学後発音など修正に時間がかかるので、ありのままでいらしていただきたい。校長も卒業アルバムの中で、卒業生に向けてのメッセージに、「本校では発音から入った英語教育を中学時代に学んだ、普通の学校では3年間で学びきれないものも学んだ。しかしそれを使って自己を表現するには今持つ日本語の能力では不足である。しかしこれからもっと日本語を学ぶ事で一段と上のステップに上がれる。」とある。これを申し上げたい。最後にいつもの発音の練習のためのハリウッドで使われている文章を、いつもの授業のように読み上げ、そして早口言葉のように先生が読み、このように本校に入学すれば読めるようになる。できる。ぜひ本校を受験校の一つとして考えてほしい。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり:10:40~11:50 あり:10:40~11:50

編集後記

活気のある若い先生方が大勢いらっしゃいました。社会が必要としている人材を大学⇒高校⇒中学と遡って、では今、中学校で身に付けなければいけない教育を、とても熱心に考えてくださっていることがわかる、学校のコンセプトがよくわかる説明会でした。理科の実験教室に参加した50名の子どもたちは、皆楽しかったと口々に言っていました。また英語科の仲丸先生のお話は、楽しくて引き込まれ、私も仲丸先生の生徒になれたらどんなに楽しいだろうと思いました。
(М)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー