• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

こうじまちがくえんじょし

麴町(麹町)学園女子中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

グローバル社会での自立した女性を育成

女子教育の向上をめざし、1905(明治38)年に創立。教育目標は「聡明・端正」。加えて、現代にあわせた教育ビジョン「豊かな人生を自らデザインできる自立した女性を育てる」を掲げる。グローバル社会で活躍できる、発信力のある人材を育てるべく、特に英語に注力。2016年度より、東進ハイスクール講師としても有名な(財)実用英語推進機構代表理事・安河内哲也氏を英語科特別顧問に迎え「英語教育大改革」を実施。英検の合格率が1年で大きく上がり、全国平均より約40%合格率が高いなど、目に見える形で実績をあげている。

教育の特色

世界に通用する「みらい型学力」を身につける

「アクティブイングリッシュ」と題した先進的な英語教育で、使える英語を習得。2016年度より朝読書を「朝の英語音声活動」に切り替え、英語を発話する10分間としている。ネイティブと1対1のオンライン英会話の授業もユニーク。テスト自体も、4技能を4等分して配点する新テスト「KEPT」に変更した。
一方で、ペーパーテストでははかれない思考力、判断力、表現力といった「見えない学力」にも着目。その取組として「みらい科」と名付けた独自のプログラムを展開する。週1回の「みらいセミナー」は、中1では地元ボランティアと協力してのフィールドワークやお気に入りの本を紹介するブックトークなど多彩な内容。発表に使うパワーポイントは、表参道のApple Storeで習うという本格派だ。中2は日本に視野を広げての平和学習、中3では世界の女性の生活や生き方を学ぶ。答えのない問題に立ち向かうクリティカルシンキング(批判的思考)、精神力を鍛えるレジリエンス教育なども科目のなかに組み込んでいる。

施設設備

英語専用部屋で、英語に親しむ

2003年に建て替えた校舎は、説明会などの参加者からも「綺麗」と評判。清潔感にあふれ、生徒たちが丁寧に使っている姿勢が感じられる。
特徴的な施設は、英語しかしゃべってはいけない「i Lounge」(インターナショナルラウンジ)。積極的に通う生徒が多いのは、同校の英語に対する抵抗感がなくなってきている証拠と言える。
また、創設者が理科教員だったこともあり、理科教育にも注力。3室の理科室がある。大築アリーナはバスケコート2面の広さで移動観覧席があり、講演会などにも活用する。

学校行事

海外修学旅行&3か月の語学研修

「グローバルプログラム」の一環として、2017年度より中学の修学旅行先をアイルランドへ変更。日本と同じ島国であり、英語の発音が聞き取りやすいことなどから選定した。観光より研修が目的で、ホームステイをし、現地の学校に通いながら国際感覚を養う。
2018年度より中学3年生を対象とした3か月のニュージーランド研修をスタート。「レシテーションコンテスト」など校内行事でも英語を重視している。
また、全校対象の講演会では宇宙飛行士の山崎直子氏、『女性の品格』で有名な坂東眞理子氏など、豪華なゲストを呼び、女性の生き方を学んでいる。

部活動

新体操部、フェンシング部、水泳部が好実績

部活動への所属を奨励しており、加入率は中学で90%、高校で70~80%。体育会系というよりもアットホームな雰囲気が特徴。
フェンシング部が関東大会に出場、新体操部・書道部が都大会入賞などの実績をあげている。年間を通して使える温水プールがあり、水泳部は全国大会へ進んだ実績を持つ。
部員数が多く、人気の高い部活は吹奏楽部、ダンス部、水泳部。クッキング部も人気で学園祭のうどんが毎年好評となっている。

進路指導

関東初!東洋大学と教育間連携

生徒一人ひとりの夢を最優先するため、進学先の傾向は年によってバラバラだが、ほぼ全員が四大進学を志望している。国際関係の学部や、文学部への進学が多い傾向があり、留学希望者も増えている。
2017年4月より高校入学生のコースである「東洋大学グローバルコース」がスタート。原則として大学入試なしに東洋大学に進学できるコースで、高校進学の際にこのコースに編入することができる。その連携もあり、近年東洋大への入学者が増えている。このような形での連携は関東では初めての試み。
また、国公立の理系の現役合格者も輩出している。

その他

中学1年~2年に新コース制を導入

2019年度より、中学1年~2年に新コース制を導入。スタンダードコースは「みらい探究」授業や企業や大学との連携講座を、グローバルコースは外国人教師によるサポートのもとハイレベルな英語学習を展開する。高1から本格的にGA(グローバルアクティブ)コース、SA(スペシャルアクティブ)コース、A(アクティブ)コースに分かれる。GAコースは英語に特化し、国際学部への進学や、海外留学をめざすコース。SAコースは従来でいう特別進学コースで、難関大をめざす。Aコースでは、多様な進路をサポートする。
また、古い歴史を持つ女学校にふさわしく、情操教育を重視。茶道、華道を必修で学び、免状も発行される。技術はもちろん、礼儀や姿勢、おもてなしといった教養を身に着けられる。茶道は特に、課外授業での希望者も多い人気の授業に。
生徒の傾向としては、人懐こく、コミュニケーション上手な子が多い。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう