私立中学

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

せいびがくえん

星美学園中学校 

スクール特集(星美学園中学校の特色のある教育 #1)

「星美スタディサポートプログラム」で国際社会に貢献できる女性を育成

星美学園では、学習指導と進路指導のサポートとして、身心・国際・学習の3つのプログラムからなる「星美スタディサポートプログラム」を実施しています。

現代を生きる一人の女性として、将来、国際社会で貢献できる能力を身につけるために、「学習」「国際」「身心」の3つの角度からアプローチ。語学力はもちろんのこと、広い視野と知識を身に付け、将来、国際社会に役立つ女性の育成を目指しています。広報部の部長である大石和敏先生にこのプログラムについて話を聞きました。

国際貢献できる女性を育成する「国際プログラム」

本校では、「喜んで社会に貢献できる女性の育成」を教育目標としています。グローバル化が進み、日常的に国際的な関わりが避けられないのが今の時代です。そんな状況の中、心から社会に役に立ちたいという女性を育成するために本校では「国際プログラム」を導入しました。

高校1年の年度末には、約1週間、全員を対象とした海外研修旅行を行います。場所は、韓国・フィリピン・香港の3か所のうち1か所を各自が選択。今後、世界の中心になるであろうアジアを舞台に、そこにある姉妹校の生徒たちと交流したり、ホームステイやフィールドワークを行います。

生徒は自ら研修先を選択し、事前学習で各国について主体的に学び、今までのプログラムで身につけたコミュニケーション力をブラッシュアップした上で研修に臨みます。研修後はそれぞれ訪問した国で学んだことについてレポートを作成。さらに、星美彩(文化祭)において学びの成果を英語で発表します。

発展途上国のフィリピンでは、ストリートチルドレンなどの貧しい人々の現状を目の当たりにします。ボランティア活動に参加することを通じて、衝撃的とも言える初めての経験をするのです。香港では、他国の学生と共に行われる本格的な英会話授業を受けたり、韓国では歴史探訪を行ったりと、行先によって研修内容が異なるため、生徒たちは、それぞれの体験を持ち帰って共有することによって、広く世界の人々、社会に対する興味を深めていきます。

海外体験を機会に、日本についてもっと知らなければという意識も自ずと強くなります。外国の人に日本の文化や習慣を伝えることの大切さを感じるわけです。スカイプなどを利用することによって、その後も各国の友人たちと交流を深めていけるようになりました。長く付き合っていく中で、人生を通じての友人を得る生徒も少なくありません。

2年生には、オーストラリア留学の制度も用意しています。グローバル社会への貢献の仕方は様々です。海外で働くことはもちろん、日本にいても海外の情勢や起きている問題に関心を持ち、自分自身で正しく認識し、自分の考えを持ち、自分のできることを行うことも立派な国際貢献。身近な社会だけでなく、世界に目を向け、「世の中」「他者」のために貢献することに喜びを感じる女性を育成していきます。

▶広報部 部長 大石和敏先生

▶オーストラリア留学

▶フィリピン ボランティア活動

確かな学力を習得する「学習プログラム」

確かな学習力を育み、社会人として貢献する力を養います。日々の授業はもちろん、補習や「星美ノート」を用いて、基礎学力の定着を図っているところです。また、キャリア教育を通して、大学進学の目的やさらに「その先の将来」を見つめる姿勢を養います。

高校進学後は、チューター制や充実した進学補習によって希望大学への進学をめざします。少人数制の利点を生かし、生徒一人ひとりの進路指導を教師全体できめ細かくサポート。どんな資格を取得すればどんな職業に就けるか等々、いろいろなパターンを示しつつ、それぞれの可能性についてじっくり話し合うようにしています。

本校では推薦入学を希望する生徒に向けて、自己アピール文の作成の指導も行っています。担当するのは国語の教師。繰り返し指導することによって、生徒たちは見違えるように成長して行きます。また、希望者には4泊5日の学習強化合宿を実施。特に小論文対策講座が人気を集めていて、毎回多数の生徒が参加しています。

聡明で、心豊かな女性を育む「身心プログラム」

本校は、キリスト教の人間観・世界観に基づき「予防教育法に基づく全人間教育」を行うために創設されたカトリック・ミッション・スクールです。心技体を大切に、健やかな身体と康らかな心を育み、調和のとれた女性を育成します。

「いのちの授業」は、助産師の方を講師としてお招きして命の尊さを学ぶ体験型の授業。妊婦体験を通して、母親になることの大切さを学びます。その他に「礼儀作法」「掃除プログラム」「茶道」「剣道」「浴衣の着付け」などの授業があります。

さまざまなプログラムを通して、自分自身の内と外に取り巻く環境を整えることとともに、将来国際社会において自国の文化をきちんと理解し紹介できるように日本伝統文化・マナーを体験していきます。

本校では「シェア ド リーダーシップ」を合言葉に、全員が自分の得意分野でリーダーシップを発揮できるようにしています。学習、音楽、スポーツ、芸術など、各分野でリーダーが代わることで、各々が自信を持ち、人生に向き合えるよう成長していきます。

取材を通じて強く感じたのは、とても家族的な校風だということ。少人数制ということもあり、すべての先生がすべての生徒を把握し、常に目をかけることでお互いの信頼関係が築かれていることによるのでしょう。姉妹とも同校に通っていたり、生徒の母親も卒業生だったりするケースが多いのも、そんな校風だからこそと言えそうです。

  • この学校をもっと詳しく知る
  • スクール特集トップに戻る

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう