• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

ふれんどがくえん

普連土学園中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

キリスト教フレンド派の精神に基づく教育

普連土学園中学校では、キリスト教、特にクエーカーと呼ばれるフレンド派の精神に基づいて教育を行います。フレンド派の教えを土台として、万人に「内なる光(神の種子)―神からそれぞれにあたえられた素晴らしい可能性」が存在することを信じ、一人ひとりを大切に、全ての人を敬い、世の役に立つ女性を育てることを目標にしています。

教育の特色

毎朝の礼拝、独自科目の論文科など

普連土学園中学校では、毎朝の礼拝を通して豊かな心を涵養します。毎週水曜日は静かな祈りの時間として沈黙の礼拝を行い、自己と向き合います。
先取り授業により、中3の主要教科では高校分野の学習を行います。高2から文系・理系に分かれますが、数学は高2まで必修で、国公立文系をめざす生徒も高2までには大学入試範囲を修了します。高3では選択授業を多数設け、10名以下の少人数で授業を行います。
中学の数学、英会話などは少人数分割授業、高校の英語、数学、化学、古典は習熟度別授業を実施。また、数学、英語、社会は学年によりティームティーチングで授業を行います。
独自科目の論文科を設置し、小論文の指導を行います。高校では小論文コンクールも実施し、書く力を高め、大学入試やAO入試などに備えます。
英語教育として、外国人教員による少人数の英会話授業では、劇やゲーム、タブレットを用いた英語スキット作製などに取り組みます。高校の選択授業では、英語の新聞や雑誌などを読み、それに基づいてディスカッションするCross Cultural Understanding などが行われています。オーストリアのホバート・フレンズスクールとの1年間の交換留学制度や、ニュージーランドのアイオナカレッジでの短期研修プログラムなどを実施しています。
理科は中1で50回、高1で30回の理科実験と、高2の文理選択時までの実験を充実させています。理系進学率が高く、5年間平均で35%以上となっています。

施設設備

生徒の語らい場が随所に

普連土学園中学校では、キリスト教フレンド派の日本唯一の学校として、創立以来120余年にわたり「簡素」「温かさ」「落ち着き」「誠実」を大切にし、校舎にもこの精神を反映させています。屋上庭園、バルコニー、ライトコートなど、生徒の語らい場が随所にあります。 広い閲覧コーナーのある図書館、明るい音楽室、礼拝専用の施設として静黙室があります。

学校行事

学園ならではのGeorge Fox Tour(英国研修旅行)

普連土学園中学校では、生徒会をはじめ自治会組織が中心となって、生徒自ら行事を創り上げていきます。5月は遠足(中2)、体育祭、6月は聖句暗誦会(中学)、東北修学旅行(中3)、お茶会(中1)、7~8月は奈良・京都修学旅行(高2)、フレンド派の創始者であるジョージ・フォックスの信仰と足跡をたどるGeorge Fox Tour(英国研修旅行・高1・高2希望者)、9~10月は学園祭、11月は感謝祭礼拝、12月はクリスマス礼拝、3月はお茶会(高3)。

部活動

自由参加で中高いっしょに活動

普連土学園中学校では、部活は自由参加で中学生と高校生がいっしょに活動します。運動部は剣道部、ソフトボール部、テニス部、ハイキング部、体操部、フォークダンス部など9。文化部はESS部、演劇部、軽音楽部、コーラス部、手話部、吹奏楽部、陶芸部、理科部、囲碁部など13。

進路指導

2015年は医歯薬系はじめ現役合格多数

普連土学園では、中学で「15年後の私」をテーマにした作文、職場訪問レポートなどに取り組み、高校は卒業生による進路相談会、保護者による職業講演会など、6年間を通して進路指導を行います。
学習サポートとして、中3以降は放課後および長期休暇中に補習を実施しています。高2は30以上、高3は40以上、種類も基礎の復習から大学入試対策まで充実しています。教養講座も特色です。全学年を対象に夏期・春期に開講。英語、数学、社会、国語などそれぞれの教員が得意分野を発揮し、教科書にとらわれず知的で魅力あるテーマで実施します。
2015年度の現役の大学合格実績は、国公立大学は筑波大、東京外国語大、お茶の水女子大、東京医科歯科大、東京農工大、埼玉大、首都大学東京など計13名、私立大学は、早慶上智65名、国際基督教大3名、東京理科大8名、ほかGMARCH、東京女子大、日本女子大、東京女子医大、北里大、聖路加看護大、明治薬科大、星薬科大、東京薬科大、金沢医科大、埼玉医科大、東京医科大など多数合格。

その他

ICT推進・オンライン学習支援システムを導入

普連土学園では、電子黒板やプロジェクター等、ICTを導入し授業の向上を図っています。新たな取り組みの一環として、2015年4月からmoodle(ムードル)というオンライン学習支援システムを導入しました。学園ではこれをfgs-webcampusと呼称しています。生徒はfgs-webcampus上のテキストや動画、確認テストなどを、自分の自由な時間に何度でも学ぶことができます。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう