• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

めいせい

明星中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

和の精神のもと、世界に貢献する人を育成

明星中学校の建学の精神は「和の精神のもと、世界に貢献する人を育成する」。教育方針に「人格接触による手塩にかける教育」「凝念を通じて心の力を鍛える教育」「実践躬行の体験教育」を掲げ、「自律心を持った自立した人の育成」を教育目標としています。

教育の特色

英語の「多読多聴」、理科の「わくわく理科実験」

明星中学校では、国際教育と理科教育に重点を置いています。国際教育として、英語力を向上させます。多読多聴を推進し、多読100万語を目指して中学では週に1時間「多読多聴」の時間を設置しています。多聴は、図書室にて一人一台CDプレイヤーを使って耳から英語を取り入れます。効果音や歌なども入っていて、より身近に英語を感じることができます。そのなかからお気に入りの作品を選び、暗誦コンテストを実施します。中2イングリッシュキャンプ、中3カナダ研修旅行、ターム留学、インターナショナルスクールとの交流なども実施します。
理科教育として、授業での実験・観察の充実に加え、中高の希望者対象に発展的活動として「わくわく理科実験」という講座を設けています。イカの解剖やふたご座流星群観測会などユニークなテーマに挑み、疑問や発見を引き出しています。さらに高校では、大学の研究室に出向いて実験に参加します。
英語・数学は中3から習熟度別授業を行い、定期試験の成績によってクラス替えを行います。全校で朝の読書にも取り組んでいます。
高1は難関大学合格を目指す選抜クラスを設置。高2で文系・理系に分かれ、習熟度別授業に古典が加わります。高3は大学入試を見据えた自由選択授業が充実。小論文指導も行います。

施設設備

特別教室は50インチのプラズマTV設置

明星中学校では、最新の施設が整っています。教室はタッチパネルを押すだけでライブラリに保存してある教材や職員室にセットしてあるDVD・VHSをすぐ再生。特別教室は先生の手元が50インチのプラズマTVに拡大表示される調理室や書道室、用途によって形の違う理科実験室など。職員室前に談話コーナーを設置。天井まで埋め尽くされた本が生み出す重厚でシックな図書館。総合体育館は2つのアリーナ、プール、トレーニングルームが集合。天体観測ドーム、中庭付きのカフェテリア、庭園を備えた和室、屋上庭園。

学校行事

年2回のターム留学、中3カナダ研修旅行

明星中学校では、年間を通して行事が豊富です。5月は体育祭、6月は遠足、7月はイングリッシュキャンプ(中2)、夏期ターム留学(~9月。高校)、9月は夏休み宿題テスト、明星祭(文化祭)、11月は合唱コンクール(中学)、アカデミック講演会(高校)、12月は修学旅行(高2)、1月はマラソン大会、冬期ターム留学(~3月。高校)、2月はカナダ研修旅行(中3)。

部活動

男子ハンドボール部、スキー部など全国レベルで活躍

明星中学校では、部活が盛んです。全国強豪校の男子ハンドボール部、全国大会常連のスキー部はじめ、水泳部、剣道部、女子ハンドボール部、陸上部など各部が外部大会で活躍しています。運動部は野球部、バスケットボール部、ダンス部、柔道部など19。文化部は吹奏楽部、釣り研究部、鉄道研究部、理科部、写真部、将棋部、ガーデニング部、軽音楽部、模型部など20。

進路指導

高レベルの放課後講習「エクストラデイ」

明星中学校では、さまざまな学習フォローを行っています。中3・高1を対象に、応用問題など高レベルの講習「エクストラデイ」を週に一回、英語・数学・国語・理科・社会で実施します。補習は早朝・放課後に実施します。夏期講習では国語・数学・英語の3教科をじっくり勉強し、苦手な部分の克服やより高度の学習にチャレンジします。高校ではマーク模試、進研模試、勉強合宿なども実施します。
高校では進路選択に向けて大学見学会(高1)、進路講演会(高2)、卒業生合格講話、明星大学説明会などを行います。
大学合格実績は、例年国公立大学は筑波大、電気通信大、茨城大、首都大学東京、都留文科大など。私立大学は明星大、早慶上智、東京理科大、GMARCH、国際基督教大、日本大、國學院大、日本女子大、白百合女子大、工学院大、東京工科大、東京都市大、東京農業大、神奈川工科大、埼玉医科大、北里大、帝京平成大、東海大などに合格しています。

その他

「英語を英語で理解する力」をつける

明星中学校では、「英語の多読」はOxford Reading 社のOxford Reading Tree (ORT)を使います。最初は、文字のない絵本からスタートし、少しずつゆっくりと単語や短い文のあるレベルにステップアップしていきます。子どもが母国語を獲得していくように「英語を英語で理解する力」をつけることが目的です。英語に初めて触れる生徒も、読み聞かせやグループリーディングを通じて、夏休み前にはORTの世界に引き込まれていきます。図書室には様々なジャンル・レベルの多読用の洋書があり、多くの生徒が借りて読んでいます。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう