私立中学

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

とういんがくえんちゅうとうきょういくがっこう

桐蔭学園中等教育学校 

スクール特集(桐蔭学園中等教育学校の特色のある教育 #1)

桐蔭学園が2019年度より共学化(予定)

桐蔭学園では、2019年度より中学校(男子部・女子部)と中等教育学校(男子校)を中等教育学校に一本化し、男女共学校として新たなスタートを切ります。そのめざす教育について、岡田直哉校長先生にお話を聞きました。

桐蔭学園中等教育学校校長 岡田 直哉先生

「自ら考え判断し行動できる子どもたち」の育成

桐蔭学園では、2014年に迎えた創立50周年を機に、次の50年をどう展開していくか、根本的なところから構想しました。時代はまさにグローバル化や多様化が急速に進んでいます。そうした時代にふさわしい教育として、「自ら考え判断し行動できる子どもたち」の育成を掲げ、新たな教育理念としました。

男女共学化は、この教育理念を実現するために不可欠です。多様性や男女協働が求められる21世紀の社会では、学校においても男女がともに学ぶ環境が重要です。また、桐蔭学園中学校と桐蔭学園中等教育学校を一つにすることで、外部の方々にも本校の教育がより分かりやすくなります。

新しく生まれ変わる中等教育学校では、これまで本校が行ってきたコース分けなども行いません。完全6年一貫教育を行い、中等4年生(高校1年生)以降も桐蔭学園高校とは合流せず、別カリキュラムで学びます。

▶︎校長 岡田直哉先生

全教科でアクティブラーニング型授業を導入

共学化に先駆けて、本校ではすでに新しい教育を推進しています。それは新しい授業の実践です。「自ら考え判断し行動できる子どもたち」を育成するために授業を改革し、2015年度より段階的に全教科でアクティブラーニング(以下AL)型授業を導入しています。

ALとは、生徒が自ら学び、自分の力で課題を解決することを目指した学習活動です。調べる・書く・話す・発表するなど生徒主体の活動を行います。グループでの学び合いなど他者との協働を組み入れることも大きな特色です。本校では、授業のなかでALの時間を増やし、生徒の主体性や能動性、協働性を育てることに力を入れていますが、講義型の時間と個による「ふり返り」も重視しています。「個→協働→個」のサイクルを大切にしているところがAL「型」授業と呼ぶゆえんです。

ALは、これまでの教師による講義中心の授業とは大きく異なります。そこで、本校では教育顧問として京都大学の溝上慎一教授を迎え、教員によるAL推進委員会も立ち上げて組織的に授業開発を行ってきました。また、「AL公開研究会」を毎年開催し、全国の教育関係者に本校のAL型授業を見てもらい、意見交換を行っています。昨年2017年度でAL導入から3年目を迎えました。この3年間をAL完成期、今年2018年度からは展開期ととらえ、さらに深化させていきます。

「探究」の授業を設置

AL型授業とともに力を入れているのが、「探究」の授業です。現在本校の中学・中等前期で「探究」という授業を週1時間設置しています。この授業の大きなねらいは、自分の力で生涯学び続ける力を育むことです。生徒は各自でテーマを見つけ、課題解決に向けて取り組み、論文を作成したり発表したりします。友だちとの協働学習も行いますが、自分の興味・関心から課題発見・解決に取り組むのが特徴です。

2019年度の共学開始後も、「探究」の授業を通じて、体系的に学んでいきます。まず、中等1年生では、課題を「見つける力」を養います。たとえば、現在の中1女子部では、自然豊かな本校キャンパスの大きな魅力を生かし、自然探索のフィールドワークをしています。自然を「見る」「見つける」目を、生徒自身で養ってほしいのです。

学校行事も、「探究」の学習に生かしています。現在でも中学・中等3年の修学旅行では、行き先の京都や広島・東北などについて、自分でテーマを設定し、レポートをまとめています。このように段階的に学び、テーマ設定や調べ方、まとめ方などの学問的手順を身につけていきます。

中等後期の2年間は、少人数のゼミ形式で「探究」の授業を行います。各教科の教員が授業を担当し、生徒は自分の興味ある分野で探究活動を行います。たとえば化学や生物、地学、現代文学や古典文学、国語学、英文学、日本の近代史や古代史など、多様な分野で自由にテーマを設定し、中等5年生で論文作成に取り組みます。

6年一貫のキャリア教育

本校の新しい教育として、AL型授業と「探究」についてお話ししましたが、これらと並んで重視するのがキャリア教育です。この3つを新しい教育の3本柱と位置付け、キャリア教育も6年間を見通して系統的にしっかりと行います。

キャリア教育の大きなねらいは、自分の人生を自らデザインする力を養うことです。例えば現在の中等1年生は、「自分を知る」ことからスタートしています。iPadで自己紹介の動画をつくり、公開します。次に「他人を知る」活動として、友だちにインタビューし、iPadで友だちを紹介する動画をつくります。このように生徒が生き生きと主体的に取り組むことのできるキャリア教育を、週1時間のロングホームルームの時間や、情報科の授業のなかで行っています。

キャリア教育に関するイベントも積極的に行っています。その目玉となるのが、社会の様々な分野で働く卒業生たちを招いての「フロンティアセミナー」です。例年30人に及ぶ卒業生が後輩のために駆けつけてくれます。生徒たちは自分の興味ある講座を選び、卒業生の話を聞きます。先輩は質問にも熱心に答えてくれます。ここでの卒業生との出会いが、大学生になったのちの就職活動の企業訪問につながった例もあります。「フロンティアセミナー」は現在中等・中学3年生と、中等6年生・高校3年生が対象です。共学後もこうしたセミナーを充実させたいと思います。

大学新入試への対応

本校が進める新しい教育は、2020年から始まる大学新入試にも充分対応するものとして、小学生の保護者の皆さんからも大きな期待を寄せていただいています。今後は大学の入試問題にとどまらず、大学入試のあり方そのものが大きく変わることでしょう。たとえば、国公立・私立ともにAO入試(総合型選抜)の割合が大きくなることが考えられます。すでに東大や京大などで推薦入試ほかを行っていますが、本校の生徒は東大法学部の推薦入試の1期生、2期生と続けて合格し実績も有しています。

本校ではこれからも難関大学の推薦入試を含め、応用力や表現力が問われるようになる新しい入学試験に充分対応できる力を生徒に養っていきます。その意味でも、AL型授業、「探究」、キャリア教育の3本柱が重要です。これらを互いに関連づけながら、大学入試や大学入学後の学び、さらに社会に出てから役立つ能力を培います。

「探究」では大学との連携教育も積極的に行う予定です。生徒が大学の教員から直接教えてもらい、自分の興味ある分野について、学年や学校の枠にとらわれず大学レベルの知識や技術、研究に踏み込んでほしいと思います。そして、「探究」で取り組んだプロセスやその成果をまとめて保存する「ポートフォリオ」をしっかりとつくります。それは自分の進路を考えるうえで大きく役立ちます。また、AO入試(総合型選抜)などにも生かすことができます。

共学進学校のトップランナーとして

グローバル化に合わせた英語教育にも力を入れています。今年2018年度より、本校では「グローバルラウンジ」がオープンします。ネイティブ教員が常駐し、いつでも英語を学ぶことができます。また、共学スタート後は、中等3年生全員が英検準2級以上を取得できるよう指導します。3年生全員が参加するクラーク(フィリピン)での語学研修も実施します。

桐蔭学園は創立以来、有数の進学校としての実績を築いてきました。これからは共学の中等教育学校として、「新しい進学校」へ発展していきます。私立の完全6年一貫校だからこそ可能な、高度で特色ある教育を行い、私立公立合わせて神奈川県の共学進学校のトップランナーとなって、「自ら考え判断し行動できる子どもたち」を育成していきます。

  • この学校をもっと詳しく知る
  • スクール特集トップに戻る

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう