• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

やまてがくいん

山手学院中学校 

学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)

説明会名:木曜説明会

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2016年10月27日(木) 晴れ - 10:30~12:00 食堂

申込み(予約)

必要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約120人

父親の参加率

約5% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
80% 20%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
○※1 無料 -

[ 入試問題/解説 ※1 ] 28年度入試問題集

説明会時間:1時間25分

プログラム1

40分

(10:00~10:40)

挨拶

説明者:高校教頭 椎名重登先生

本来なら校長がこの場でご挨拶するのだが、本日は中学2年の野外教室に同行しているため高校教頭がご挨拶となる。本校は、50年前に世界を舞台に信頼される人間を育成するために、港南台に生まれる。理想を実現するために、自尊感情の醸成を第一に考えてきた。あるがままで良いという安心感を与え、生きることに希望が見いだせるように、自由に考え自由に発言する権利も与えてきた。言いたい放題やりたい放題ではなく、他者を尊重する自由を与えてきた。世界に信頼され栄光に到達し本校を巣立って行ってほしい。生徒に対する基本的スタンスは創立以来50年間不変であり、今後も不変である。

プログラム2

30分

(10:40~11:10)

山手学院の教科・国際・進路

説明者:中学教頭 二見朗由先生

創立50周年の節目に前後4年間つなぐ8年として、学校改革を積極的に行っている。2010年から併設型一貫校になる。3月に卒業した生徒が一貫生の1期生。外進生とはクラスがまぎれない。この後説明会資料のパワーポイントを見ながら説明。
○6年一貫生の学習のリズム(1年中テストをしているような状況。年に定期テスト5回、実力テスト2回。長期休暇中に補習・講座・講演を実施。)
○山手学院の土曜講座(希望制・任意選択で土曜の午前中に開講。高2では河合塾の先生による講義も受けられる。午後はそのまま部活動など時間を有効に使える)
○6年一貫コースのクラス編成、クラス替えの説明。
○国際交流プログラムの説明(中3で豪州、高2で北米研修あり。全員参加。他にも希望制でいくつもプログラムがある。また来年度から中3の希望者が3か月間の中期留学プログラムも始まる。6年一貫だから可能な取り組み。)
○2016年内進卒業生の大学合格実績(学校案内は内進外進合わせた数が載っているが資料の数字は内進のみ。国公立に多くの合格者が出るなど6年一貫の成果が出始める)
○現在体育館を建設中。斜めの土地だが、それを生かして今後施設を充実させてゆきたい。

プログラム3

15分

(11:10~11:25)

山手学院の入試について

説明者:入試対策部 副部長 渡辺大輝先生

説明会資料を参考に説明。2016年度中学入試結果、日程ごとの倍率、平均点、合格最低点、などの表から読み取れることの説明。
○A・B日程の倍率は例年通りであろう。C・後期の倍率は読めないので、A・B日程の受験を勧める。
○かといって、C・後期日程の合格者の半分近くが複数回受験者なので、出題傾向は4回とも変わらないので、だんだん慣れるという意味でも、第1志望とするならば4回受験の準備をしておいた方が良い。
○算数の戦略は、どの問題も同じ配点になっていてどの大問も⑶の問いはむずかしく設定してあるので、⑶にこだわらず、なるべく多くの大問の⑵までを確実にとっておくとよい。
○大学受験生を見ていても、教科を絞ることで逃げ場をなくしあまり良い結果につながらないように思うので、4科受験のまま頑張ってほしい。
○4回の受験が終わり、定員に満たない時だけ繰り上げ合格を出す。その際は複数回受験者を優先する。
あと97日、最後まで頑張ってほしい。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし なし

見学

校内見学授業見学
あり:11:35~12:00 あり:11:35~12:00

編集後記

創立50周年の学校改革が進み、6年一貫生の進学実績に成果がでてきていると感じました。また国際交流プログラムの充実さに驚きました。全員参加の機会があるのは、積極的ではないけど行ってみたらとても影響を受けたというお子さんもいるのではないかと思います。またリターンウイジット(ホームステイ先のお子さんの受け入れ)も楽しみです。興味を持ったら色々なことに学内でチャレンジできる環境が整っている学校だと思いました。
(M)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

山手学院中学校の過去の説明会レポート

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 説明会を予約する