特集(興味・関心で学校を知る)

おすすめの公立中高一貫
併願校特集 2019
帰国生入試を実施する中学校特集 2019

公立中高一貫の魅力

1999年に公立の中高一貫校が制度としてスタートしてから20年近くの時間が経過し、学校ごとの特徴も定着してきました。まずは、2018年度の倍率をいくつかの学校で見てみましょう。

 

学校名 2018年度倍率

東京都立小石川中等教育学校

6.70倍

東京都立武蔵高等学校附属中学校

4.46倍

(都立中高一貫校10校の平均)

5.9倍

横浜市立南高等学校附属中学校

5.16倍

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校(2017年4月開校)

6.66倍

さいたま市立浦和中学校

9.0倍

千葉県立千葉中学校(※)

10.3倍

千葉県立東葛飾中学校(※)

11.8倍

※志願倍率(=志願者数÷募集定員)

軒並み5倍以上の「狭き門」となっています。
公立中高一貫校は、相変わらず高い人気を保っていると言えるでしょう。

 

その人気の秘密は・・・

(1)安い教育費で高いレベルの教育が受けられること
(2)比較的短期間での対策が可能な適性検査による選抜であること

この2点に集約することができます。

まず、(1)について。前半の3年間は義務教育にあたりますので、一般の公立中学校同様、入学金や授業料はかかりません。また、高校に該当する後半の3年間も授業料の実質無償化が実施されており、かからないケースが大半です。

では、(2)はどうでしょうか。公立中高一貫校の導入が検討されていた当時は、受験競争の激化が社会問題となっていました。その傾向に歯止めをかける目的で、公立中高一貫校の選抜方法として採用されたのが適性検査なのです。

適性検査とはいっても、現実的には対策を何もせずに合格するのは難しいかもしれません。適性検査は特に自分の意見を文章で表す力が問われていると言われています。しかし、小学校4年生から塾へ通い、4教科もの受験勉強に追われ、小学校生活を楽しんだり、好きな習い事に時間を割いたりすることができない、という極端な状況に追い込まれることはないはずです。(2)は、非常に重要なポイントだと言えるでしょう。


特集 2017

公立中高一貫校との併願に「おすすめの私立中学校」

郁文館中学校
共学校
郁文館中学校
自分の夢を実現し、社会で活躍できる人材の育成を教育目標に掲げる。そのために、独自の夢教育プログラムを通じて「自己表現力」「使える英語」「グローバル力」の向上を図る。
小野学園女子中学校
女子校
小野学園女子中学校
次代を担う実力と志をもった自立した女性を育てることを教育目標に据える。4技能を総合的に伸ばす英語教育や、実験・体験を通して「探究心」を育てる理科教育にも特徴がある。
共立女子第二中学校
女子校
共立女子第二中学校
女性としての特性を活かしながら、社会で活躍する人材を育てることを教育目標。「東京ドーム5個分の広さを誇る」恵まれた自然環境を生かした野外観察やファーム教育プログラムなども同校の特徴。「現役進学率95%の高さも魅力。」
自修館中等教育学校
共学校
自修館中等教育学校
情報と家庭科が融合した「ライフテクニック」や人間の感情などについて学ぶ「セルフサイエンス」、生徒自らテーマを設定、研究する「探求」といった独自の授業を展開する中等教育学校
城西大学附属城西中学校
共学校
城西大学附属城西中学校
あらゆる場面で、生徒の自主性を尊重する。修学旅行、姉妹校との交流、留学など国際交流の機会が多いことも特徴。中学3年次の3学期には全員参加のオーストラリア研修(14日間)を実施する。
昭和学院中学校
共学校
昭和学院中学校
「知・徳・体」のバランスのとれた全人教育を実践。国公立大・難関私立大・医歯薬系を志望する「特進クラス」と、四年制大・短大などを志望する「進学クラス」がある。
聖ヨゼフ学園中学校
女子校
聖ヨゼフ学園中学校
建学の精神は「信・望・愛」。一人ひとりがもつ才能を伸ばし、その能力を活かして社会に貢献する人材を育成する。少人数制による手厚い教育が大きな特徴。
細田学園中学校
共学校
細田学園中学校
2019年4月開校。独自の教育手法「DITOメソッド」に基づく教育コンテンツを展開。「次世代型教育×進学校」を実現するまったく新しい学校。