帰国生入試をおこなう「おすすめの私立中学校」

東京女学館中学校(女子校)

帰国生に対する教育の特徴

東京女学館の教育目標は、1.実践的な英語教育 2.異文化相互理解教育 3.リーダーシップ教育の3点である。中でも重点的に「国際的視野」を広げるのが「国際学級」。 独自の英語カリキュラムにより実践的な高い英語運用能力を身につけ、国際的に活躍できるリーダーシップを持った女性の育成する。
国際学級は各学年に1クラスあり、帰国生はこのクラスで一般生と共に学ぶ。その英語の授業は、週に8時間(中3は7時間)で、そのうち6時間(中3は5時間)は、北米のカリキュラムをベースにしたLanguage Artsを実施。3つのレベルに分けて、ネイティブスピーカーの教員と日本人教員が3人体制で指導にあたる。教材は、英語圏で出版された本や新聞など。ディスカッションやプレゼンテーションなど他者と協同する学びが多く、英語圏の学校に近い形態となっている。残りの2時間は、英文法中心の授業。英語を世界と接するためのツールとして捉え、4技能(読む、聞く、話す、書く)のバランスがとれた英語運用能力を養うとともに、英語を使って自分の考えを的確に表現し、発信する力を高めている。また高1では、夏休みにボストンリーダーシップ&スタディーツアー(BLAST)を実施。ボストンにあるシモンズカレッジのキャンパスで現地の大学生と交流しながら、リベラルアーツやリーダーシップについて学ぶ。さらに、世界における様々な問題の解決に向けて活躍する研究者やビジネスパーソンなどと交流してその世界観に触れるなど、多彩なプログラムが用意されている。
帰国生を含め、多様なバックグラウンドをもつ生徒が集まり、多文化コミュニティを形成している「国際学級」。生徒の海外滞在国(15か国以上)での経験を共有できるのも大きなメリットである。また6年間、同じクラスで過ごす「国際学級」であるが、クラブや委員会活動、学校行事、学年行事は、一般学級と一緒に行っているため、他クラスの生徒とも頻繁に交流。それぞれの個性や他との違いを受け入れる意識が高く、トラブルがあっても前向きに乗り越え、クラスの団結力が強くなっていく傾向がある。多くの卒業生から「6年間で固い絆が結ばれた」という声が聞かれるのはその証だ。

「国際学級」生徒インタビュー

Aさん 高校2年生
(小学校の3年生から5年生の3年間、中国の日本人学校に通う)

Q 海外の暮らしで学んだことは何ですか?

A :海外で暮らすことによって広い視野を持てたように思います。私は世界史が好きなのですが、住んでいた中国の歴史も勉強したいと考えています。それぞれの国に異なる歴史があり、その歴史に興味をもって学ぶことでお互いの理解が深まると思っています。

Q 東京女学館を選んだ理由は?

A :今では大学生になった姉が東京女学館で楽しそうにしているのを見て、私も通いたいと思いました。実は妹も中学校に通っています。この学校は卒業生が訪ねてくることが多く、まるで家族のようにいつまでも仲がいいです。私もきっと将来そんなふうになると思っています。

Q 学校生活はどうですか?

A :クラブ活動は、小学校から続けているソフトボールをしています。クラスは人見知りなので溶け込めるか心配していましたが、6年間同じクラスなのは絆が深まると思います。姉たちを見ていても卒業後もずっと仲がいいですね。

Q 将来の夢は何ですか?

A :まだ特に決めていませんが、英語が活用できる仕事がしたいです。高校生の間にアメリカで1年間ホームステイをする予定です。ボストンでの経験がとても楽しかったので、アメリカで勉強したいと思いました。

 

Bさん 高校1年生

(小3から小4まで台湾の日本人学校に通う)

Q 海外の暮らしで学んだことは何ですか?

A :私の母がもともと台湾の大学に通った経験があり、両親ともに航空会社に勤めていたので台湾で暮らしました。台湾の人たちはとても親切で大好きな国になりました。将来的には英語だけではなく中国語も勉強して、日本と台湾の架け橋になるような仕事がしたいと考えています。

Q 東京女学館を希望した理由は?

A :やはり、これからは英語が必要と思い、英語に特化した国際学級があると聞いてこの学校を選びました。入学したときは初心者のグループでしたが、頑張って勉強して今では1番レベルの高いグループになりました。授業が楽しいのも理由の1つだと思います。

Q 学校生活はどうですか?

A :クラブ活動は剣道部を選びました。祖母の影響で小学校から道場に通っていました。技が決まると気分がスカッとします。入学後みんなと仲良くなれるか心配でしたが合唱大会をきっかけにすごく仲良くなれました。朝早く集まって練習したり、目標をもって一緒に頑張ったりする機会が多いのは、この学校の特徴だと思います。

Q 将来は何をしたいですか?

A :まずは英語を頑張りたいです。今から夏休みのボストンリーダーシップ&スタディツアーを楽しみにしています。現地で友人を作り、ふだん学んでいる英語だけではなく、現地でよく使われているようなくだけた英語も教えてもらいたいと思っています。親友がいるマレーシアにも住んでみたいです。一度行ったことがあるのですが、たくさんの言語を使う人が集まっているので興味があります。

 

Cさん 高校1年生

(生まれたときから2年間アメリカで育ち、現地の保育園に通う)

Q 海外の暮らしで学んだことは何ですか?

A :小さかったのでアメリカでの生活はあまり覚えていませんが、帰ってきてから幼稚園はインターナショナルに通いました。自然と英語が好きになり、これからは必須だと思うので、ネイティブの先生がたくさんいて、英語にたくさん触れられる環境はいいと思っています。

Q 東京女学館を希望した理由は?

A :私は小学校から東京女学館なので、親が決めて入学したのですがとてもよかったと思っています。少し人見知りのところがあるので、中学・高校の6年間同じクラスで過ごせる国際学級は自分に合っていると思います。

Q 学校生活はどうですか?

A :私も剣道部に入っています。小6で初めて試合に出たときはわくわくしました。中3ではシェークスピアのロミオとジュリエットの英語劇に全員がキャストとなって挑戦しました。登場人物やストーリーの分析や解釈を行った上で、英語のセリフを覚え、衣装も自分たちで用意したのが、いい経験になりました。

Q 将来の夢はなんですか。

A :まだ具体的に何になりたいと決めているわけではありませんが、両親とともに海外に出かけることが多く、メキシコやタイ、バリなどいろいろな国の文化を見ることができました。今年はハワイにも行きました。いずれは海外の大学に行くことも視野に入れています。そのためにも語学は重要。ますます頑張りたいと思っています。

帰国生入試のポイントと日程

[受験資格]
次の1、2の条件をすべて満たしていること。
(1) 2020年3月、小学校卒業見込みの者、またはそれに準じる者(日本人学校小学部卒業見込みの者、または現地校・現地インターナショナルスクールで6年の課程を修了した者、または在学中で2020年4月1日時点で満12歳または13歳である者)
(2) 保護者の海外勤務等に帯同することで、海外在留期間が1 年以上あり、2016年12月1日以降(2020年3月末までに帰国予定を含む)に帰国していること。
※この条件から若干外れる場合は要相談
[募集人数]
18名
[試験科目]
算数 (30分、50点) および英語または国語 (30分、50点)
面接 (受験生本人のみ、約5分)
*英検準2級以上を取得している場合は、希望により英語の試験が免除される(※準2級 は40点・2級は45点・準1級以上は50 点とする) 。

入試日程

試験日 試験名 募集人数 選抜方法 出願期間
2019/12/8(日) 帰国生入試(国際学級) 18名

算数・英語・面接または、算数・国語・面接

11/18(月)〜12/7(土)

学校説明会日程等

開催日 開催時間 説明会名 予約
2019/9/4(水) 18:30〜20:00 中学校説明会(ナイト説明会) 第3回(一般学級・国際学級) [要予約]
2019/10/5(土) 10:30〜12:30 中学校説明会 第4回(一般学級・国際学級) [要予約]
2019/10/26(土) 14:30〜16:30 オープンスクール 第2回 [要予約]
2019/11/9(土) 11:15〜16:30 創立131周年記念祭(学園祭) -
2019/11/10(日) 9:00〜16:30 創立131周年記念祭(学園祭) -
2019/11/16(土) 14:00〜16:00 入試説明会(一般学級・国際学級) 第1回 [要予約]
2019/12/14(土) 13:00〜15:00 入試説明会(一般学級・国際学級) 第2回 [要予約]

東京女学館中学校

東京女学館中学校

東京女学館中学校

東京女学館中学校

所在地・交通アクセス

〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-7-16

TEL 03-3400-0867

  • JR各線「渋谷駅」よりバス10分
  • JR各線「恵比寿駅」よりバス8分
  • 日比谷線「広尾駅」4番より徒歩12分

マップ

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る