関西在住 受験生ママ奮闘記vol.1 宿題の丸付けなんて面倒くさい!

ずぼらママから見た2020&2025中学受験あるある

ママアイコン
ずぼらママ
はじめまして!2020年に娘の中学受験を終え、現在小4の息子の中学受験に伴走中、神戸市在住のずぼらママです。

伴走中と書きましたが、私の8割は「面倒くさい」でできているずぼら人。娘が大手塾に入塾した時は、宿題の丸付けもせず、勉強の進行具合もチェックせず…。結果として、娘はまったく宿題を回せず、成績もなかなか伸びませんでした。息子の通塾が始まった今は、その時の経験をもとに宿題の丸付けぐらいはしようとがんばっています(しかし、3日前くらいに丸付けをしておいてと息子にお願いされた教材がパソコンの横に積み上がっているという…)。

いわゆるボリュームゾーンだった娘との日々を振り返りつつ、算数一強の息子との毎日から“中学受験あるある”をお届けしたいと思います。

娘と息子の中学受験を始めたきっかけ

ママアイコン
ずぼらママ
さてさて、初回は王道の「我が家の子ども達はなぜ中学受験をすることになったのか」です。

ちなみに我が家は夫・私・娘・息子の4人家族で、夫は公立中高出身、私は私立中高一貫女子校出身です。夫は、中高はもちろん、大学も塾なしで国立大学に進んだので、わざわざ私立に進学する必要ある? というスタンス。私は女子だけで過ごす6年間はめっちゃ楽しかったし、子ども達も私立に進んでもいいかなと思いつつも、学区の公立中学校があまり荒れていないと聞いていたので、まあ公立でいいか~とのんびり構えていました。

ママアイコン2
ずぼらママ
しかし、そんな状況が一変! 娘がいきなり「友達が行っている塾なるものに行きたい」と言い出したのです。

時は小学4年生の秋。多くの子は小3の2月から塾に行っていて既にスタートから遅れていることや、塾に行ったらめっちゃ勉強せなアカンことを伝えても、うちのふわふわ娘は「がんばる~」とのん気なもの。この友達と一緒に通塾したら楽しそう♪ というのん気さのまま、入塾し、塾のレベルの高い勉強にノックアウトされつつもドロップアウトすることなく、無事志望校合格までこぎつけたのです。

一方、息子はというと、完全に娘の影響ですね。沖縄研修旅行や私立ならではの探究授業、Zoomでの海外学生との交流など、コロナ禍なりに充実した教育の話や、定期テスト後に皆でUSJに繰り出す姿を見て、息子は私立学校生活に憧れを持ったようです。また、算数が好き&得意な息子は、公立小学校での算数の授業にとても苦痛を感じていたことも大きい要因だと思われます。

思い通りにならなかった塾選び

ママアイコン
ずぼらママ
さて中学受験をしようとなった時、どこの塾に通うかは一番頭を悩ませる問題ではないでしょうか?

我が家は無理なく通える範囲に、ほとんどの大手塾があります。娘の場合は「友達と一緒に通いたい!」が一番だったので、塾を選ぶ余地なし。友達の通っている、関西で最難関を受けるならココ! という老舗大手塾になりました。実際に通い始めてすぐ、算数が苦手な娘にとって塾のレベルが高すぎると感じ、手厚いと評判の中堅塾への転塾を勧めてみたのですが、答えはもちろんノー。この老舗大手塾に最後まで通いました。

お次は息子の番です。息子は算数が得意だし、私は娘の通っていた老舗大手塾を気に入っていたので、引き続きお世話になるつもりでいました。

ママアイコン2
ずぼらママ
そんな私に待ったをかけたのが、なんと夫! 夫は「授業料が高い割に、面倒を見てくれない」と不満に思っていたそうなんです。知らんかった~(そして、そんなに娘の受験にコミットしてたっけ? 公立行ったらええんちゃう?しか言わんかったことないっけ?)。

というわけで、面倒見がよいと言われる某塾に体験に行き、入塾テストを受けてプール生(新年度からの通塾予約生)の登録をしました。

しかし、これで息子の塾選びは終了とはなりませんでした。。。

ママアイコン2
ずぼらママ
なんと、その年のハロウィンに東京の電車内で乗客が切りつけられる事件が起き、このニュースを見た息子が「電車に乗って塾に通うのは怖い」と言い出したんです。

幸い、歩いていける距離にいくつか塾があるので、プール生はキャンセルさせていただき、体験授業を受講して息子が気に入った近くの中堅塾に通うことにしました。ちなみに、息子が中堅塾を選んだ理由は『クラスメイトがいたから』。結局うちは2人とも、友達が決め手の塾選びになりました。

その中堅塾は難関校や関関同立の附属校受験生がメインターゲットで、娘の転塾先にと検討した塾です。算数が得意な息子には最難関も視野にいれた塾に行ってほしかったのですが、親の思う通りにはなりませんね~。紆余曲折のあった息子の塾選びですが、通い始めたらとてもスムーズに進んでいます。

こんな感じで、娘の「塾に行く!」のひと言から流されるように、息子の中学受験まで進んできた我が家です。

ママアイコン3
ずぼらママ
次回は、『中学受験あるある№1!? 娘の宿題やってるやってる詐欺』について、お伝えしたいと思います♪
受験生ママ奮闘記
スタディ公式SNSで最新情報をチェックしよう!