• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

男子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

せいふう

清風中学校 

学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)

説明会名:入試説明会

開催日 天気 受付開始 開催時間 回数(全回数) 場所
2016年9月17日(土) 晴れ - 14:00~15:55 4回(7回) 講堂

申込み(予約)

不要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約500人

父親の参加率

約30% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
0% 80% 20%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
- 無料
説明会時間:1時間25分

プログラム1

5分

(14:30~14:35)

職員紹介

説明者:司会

プログラム2

75分

(14:35~15:50)

教育方針と現状について

説明者:校長

説明者:平岡校長(途中で中2主任教諭、英語教諭、音楽教諭が登場)

①教育方針と現状・・・仏教を中心とした宗教教育を行っている。「悪人の生き方」、「愚者の生き方」、「善人の生き方」、「福の神」の生き方といった4つの生き方を目安に、本校は「福の神」の生き方を目指す。福の神の生き方とは、「自利利他」の精神、つまり自分を高めることによって世の中の人の役に立つ生き方をすることだ。本校はまた、「安心」、「尊敬」、「信頼」を大切にしている。失敗したときに何を学ぶかが大事。事故はその日のうちに必ず解決する。いじめも同じ。本校は入試時に面接を行っているが、あくまで本校の教育方針をお伝えし、了承を頂くためのものである。 チェックカードについて(中2主任教諭より)先生と生徒の交換日記のようなものを毎日行っている。週間テストは週2回実施、小論文指導もきめ細かに行っている。
②大学入試に向けて・・・2020年以降大きく変わる。これからの社会では、「主体性」、「多様性」、「協働性」が求められる。問題解決力、チーム力、臨機応変力を生徒には身に付けてほしい。 本校英語教育について(英語科教諭より) 読む、書く、聞く、話すの4技能習得に向けて指導している。話すのトレーニングとして、瞬間英作文を指導、語彙力+話すを大事にしている。本校の英語は50分授業のうち、単語の音読に5分、文法説明に15分、音声指導に30分の比率で行っており、単語の音読は1週間で50個×15週で750語を習得する。 
③コース概要・・・理Ⅲ、理Ⅱ、理Ⅰの3コース制。理Ⅲはうち1クラスがプレミアムコース(高2まで)。それぞれのクラス変更は成績によって毎年行われる。理1でも卒業生の半分は関関同立に進学している。
④文武両道・・・勉強だけでなくクラブ活動も一生懸命させる。ヨット部は今年全国優勝、ボート部も全国優勝、他の部も全部合わせて国体53名、インターハイ42名出場している。クラブ入部率は87%。今年4月に新校舎が完成し食堂も新たに設置したが、そこで提供している米は自然栽培によるものである。行事も豊富で、中学だけで60以上行われている。

プログラム3

5分

(15:50~15:55)

入学試験内容について

説明者:入試広報部長

まわし合格あり、複数回受験は2回目以降の試験で10点プラスする。特別給費制度あり、上位10名前後を6年間給費する。面接試験は両親と受験生。質疑応答の個別面接ではなく、本校の教育方針に賛同頂けるかどうかの確認のみ。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
- なし

見学

校内見学授業見学
- -

編集後記

大阪では数少ない男子校の一つ。校長による教育方針のお話しがとても明確で、この学校が何を大切にしているかがとてもよく理解できた。また、いじめ対策も徹底されており、安心されたご父兄の方も多かったように思えた。教育方針のお話しの途中、新体操の部員が10名ほど出てきて演技を披露したが、全員が男らしく規律正しいキビキビとした演技を行っており、改めて男子校の魅力を感じる説明会であった。
(ST)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

清風中学校の過去の説明会レポート

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする