• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

こうべこくさい

神戸国際中学校 

学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)

説明会名:学校説明会 第3回

開催日 天気 受付開始 開催時間 回数(全回数) 場所
2016年10月3日(月) 雨 - 10:00~11:50 8回(15回) 会議室

申込み(予約)

不要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

父親の参加率

約20% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
0% 20% 80%

子供向け企画

あり 授業体験

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
- -
開始前の動画上映 15分 生徒の日常や活動の様子、学校紹介
説明会時間:1時間0分

プログラム1

5分

(10:00~10:05)

挨拶

説明者:校長先生

本校の誇れるところは、学びの環境の良さである。ひとつは自然環境。もうひとつは少人数教育。基本方針である、一人ひとりきめ細かな学習指導・生活指導が行える。生徒たちの雰囲気はとても穏やかであたたかい。生徒たちの夢を育み実現していくためにこれ以上の環境はないでしょう。

プログラム2

35分

(10:05~10:40)

教育活動について

説明者:教頭先生

1923年創立(学校法人)睦学園が設置する中高一貫の女子進学校である。幼稚園~大学までの総合学園。本校は1991年、新しいタイプの学校をという構想のもと少人数教育にこだわり生徒の個性を重視する進学校として誕生した。聖徳太子の十七条憲法による「和」の精神を建学の精神とし、一人ひとりが互いを尊重し共に輝ける社会をめざす。「和」の精神を世界に広げるための人材としてグローバル社会で活躍できる女性の育成を目標としている。そのための教育三本柱が①個性を伸ばす教育②グローバル教育③徹底した学習指導。
①個性を伸ばす教育・・・共学の流れのなか別学にはその良さがあると考えている。異性を意識せずのびのびと生活でき本当の自分を確認できること、共学では男子がリーダーシップをとりがちであるが女子の中からリーダーシップを持った人材育成ができることが女子校の魅力である。1クラス20数名以下と少人数であるため教師の目が行き届き一人ひとりの個性が輝き伸ばすことができる。また教師と生徒の距離が近いことで気軽に質問などもできる。特色として校則や制服着用義務がなくチャイムもない。少人数であるがゆえ対人関係のトラブルを心配する声もあるが、それに対応するため教育相談システムがある。現在は不登校ゼロを実現した元公立学校の校長先生に相談室長をお願いし対応している。
②グローバル教育・・・世界を舞台に活躍するための基本となる語学力を育成するため、ネイティブスピーカーを充実させフランス語も必修としている。音楽、美術でイマージョン教育(英語での授業)。英検に関しては中3で3級取得93%、高3で準2級取得84%と全国平均を大きく上回っている。校内外のスピーチコンテストに積極的に参加。海外語学研修の実施。各国同世代の生徒たちとの国際交流。世界を舞台に活躍する女性を招いてのグローバル講演会の開催。
③徹底した学習指導・・・生徒全員が行きたい大学へ進学できることを目標に今年度から効率的に学習できるようカリキュラムを改定⇒Aブロック(中1中2)基礎段階、Bブロック(中3高1)応用段階として理系文系に分かれる、Cブロック(高2高3)志望に応じた授業が受けられるよう4コースに分かれる。放課後補修や新大学入試(記述式)に対応するための小論文講座・英検講座・漢検講座をスタート。eラーニングの導入(一人一台のノートパソコン)。中3で課題レポートを作成しプレゼンを行う。総合学園であることを活かした睦コンソーシアム事業(お互いの学校がそれぞれの強みを共有して学園全体の教育力を高めるのが目的)。医歯薬系をはじめとする理数系に約4割が進学。

プログラム3

10分

(10:40~10:50)

入学試験について

説明者:教頭先生

・募集:70名
・日程:(1)1/14(土)午前 A‐Ⅰ
    (2)1/14(土)午後 A-Ⅱ
    (3)1/15(日)午前 B-Ⅰ
    (4)1/15(日)午後 B-Ⅱ ← 追加
    (5)1/17(火)   C
・受験科目:A-Ⅰ、A-Ⅱ、B-Ⅱ日程受験の場合は出願時に科目を選択
・社会科は受験科目にない ← 変更点
・午後入試の試験会場は三宮研修センター
・全ての受験パターンで300点満点換算。合格最低点は約4割
・英語の出題レベルは英検4級程度
・今年度から英検資格優遇措置あり。3級10点、準2級以上20点の加算
・ホームページ上で過去問題を見ることができる
・11/6(日)プレテスト実施。A-Ⅰ日程の科目。FAXやHPから申込
・今後、個別説明会や授業公開を開催予定

プログラム4

10分

(11:30~11:40)

KISで学んだこと

説明者:卒業生

大学では音楽教育を専攻。進路を考えるきっかけとなったのが、高3の文化祭でヴァイオリンとピアノのセッションをしたこと。ピアノは小さい頃から弾いていたが他の楽器と合わせることの面白さを知り、音楽を目指すことに。受験に向け家ではピアノの練習、勉強は学校ですると決めた。先生だけが頼りの私に対し熱く丁寧に指導してくださった。また校内ミュージックホールに於いて2回のリサイタルも開いてくださった。そのお陰で実技試験には落ち着いて臨むことができた。このように個性を引き出し、大切にしてくれるところがKISの良さである。少人数クラスだからより濃い友人関係が築け、6年間持ち上がりで先生と生徒の距離が近い。卒業後も先生と話がしたくなり立ち寄ると、いつもあたたかく迎えてくれる。KISの先生方のように一人ひとりを大切にし、能力があり、頼れる教師になりたいと思う。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
あり:5分 なし

見学

校内見学授業見学
あり:10:50~11:30 なし

編集後記

早くからグローバル教育に力を入れてきた神戸国際の魅力は、6年間を通しグローバルな体験ができる多彩なプログラムではないでしょうか。「普段着の国際交流」と表現されているようにネイティブ教員の多さやイマージョン教育、常に海外の生徒たちと触れ合える環境が、肩ひじ張らずのびのびと自分を表現できることに繋がっているように感じます。また校則やチャイムや制服がないことで自主性を尊重し自己管理能力が育つのも見逃せません。
(TN)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする