• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

ふじみがおか

富士見丘中学校 

学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)

説明会名:説明会・特別講座体験

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2016年11月23日(水) 祝日 曇り 9:30 10:00~11:00 プレイルーム

申込み(予約)

必要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
必要 不要

参加人数

約100人

父親の参加率

約10% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
0% 95% 5%

子供向け企画

あり 特別講座体験、美術展「アイ展」

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
- -

[ 備考 ] SGH資料、2017年資料集、総合学習「5x2」資料

開始前の動画上映 30分 学校紹介PPT(生徒作成)
説明会時間:1時間0分

プログラム1

10分

(10:00~10:10)

あいさつ

説明者:学校長

受験生にとってこれから一番大事なことは体調万全な状態で入試に臨むこと。入試までくれぐれも体調管理に注意してほしい。中学に入学すると、多くの知らない人たちの中に入っていくことになる。それは冒険で苦労もあるが、楽しいことがたくさん待っている。友人や先生たちとたくさん交わることで、学校を存分に楽しんでほしい。学校が楽しくないと成績も伸びない。最初のみんなの力は同じである。中高6年間でしっかり自分を磨き、資質を高めて伸びていってほしい。中高6年間では、社会に出た時に通用する判断力をしっかり身に付ける事が大事、また将来の夢を実現するためには勉強も大事。2020年から大学入試が変わる。記述式の試験が導入され、英語入試も大きく変わる。これまでの読み、書きに加え、聞く力、話す力も問われる。これは、人と人とがコミュニケーションをとる上で大事な能力である。フランス、イタリア、スペインなどの高校生は、ほとんどが母国語の他に英語がしゃべれる。また大学では英語での授業が行われている。本校はネイティブの先生が多く、そのため“使える英語”を身に付けることができる。また、楽しく英語を学ぶために様々な海外プログラムが用意されている。高校はSGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)の認定校で、全国の高等学校の3%(123校)しか指定されていないうちの1校である。21世紀のグローバル人材の育成を目指し、いろんなプログラムが組まれている。その一環のひとつとして本日開催しているのが、武蔵野美術大学と協力した美術展「アイ展」である。最後にみんなは、学校で楽しく生活する中でルールを身に付け、社会に出たときに正しい判断ができる人になってほしい。また女子校だからこそ、女子だけのなかで気軽に、明るく、楽しく学ぶことができるのである。

プログラム2

30分

(10:10~10:40)

教育内容について

説明者:教務部長

■女子校としてのグローバル教育について 大切にしているのは以下にあげる4つ。
その1.忠恕、礼儀作法/『忠恕』とは、中国の思想家「孔子」の言葉で、『忠』は真心、『恕』は思いやりを意味する。それぞれ『忠』を「自分自身の確固たる信念」、『恕』を「相手を思いやる心」と捉え、現代のグローバル社会に必要な資質としてそれを身に付けていくことが本校の教育理念である。その上で礼儀作法は大事な要素である。 
その2.リーダーシップ/様々な行事の委員長は当然ながらすべて女子が担う。人をまとめ、導く経験は社会に出てから非常に大事になってくる。 
その3.主体性・実行力/女子だけの環境だからこそ、異性を気にすることなく自分をさらけ出し、言いことを言い合い、自分に自信が持てるようになり、そして実行力が身に着いていく。 
その4.個性の伸長/本校では、女子の特徴を活かした女子が一番伸びる学習方法を実施することができる。1クラス20名弱の生徒に多くの先生が関わり、ひとりひとりに合った最適な学習指導が可能である。この動画はある昼休みの職員室の風景であるが、多くの生徒が気軽に入室し、勉強のことや、悩み、進路について、先生とコミュニケーションをとっている。
■SGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)について 今後の新しい教育を担うことができる全国でトップ3%に入る学校である。
[特徴]
その1.慶応、上智、SUM,スタンフォード大との協働学習 
その2.海外交流、国内海外フィールドワークの充実 
その3.英語4技能、プレゼン力の育成、探求学習の推進 
このような高校(SGH)の教育を中学から行っている。
1.スタディ・スキル・アップ講座(合同LHR) ものの見方・考え方⇒話し合い⇒説明、発表する といった力を身に付ける。 
2.武蔵野美術大学、日本女子大との連携 STEAM教育⇒理数系技能+デザイン力、女子教育⇒ヘルスケア教育、キャリア教育では、トップの本物に触れる経験をもつこと。 
3.自主研究5X2(総合学習) 自分が興味のあるに対し自分でテーマを決め、とことん取り組む学習。  
■英語教育 すべての生徒の英語力向上を目指す。ネイティブ教員7名によるレベル別の取り出し授業。生徒数に対するネイティブ割合は都内でもトップレベルである。英検、GTEC→TOEFLジュニア→TOEFLiBTの取得に向けての取り組みを行うことで国内外の大学受験に対応している。帰国生も多数在籍しており、中学では16%(6名に1名)が帰国生である。 
■ICT教育 来年度から中1生徒全員にタブレット(PC)を導入し、(CBT型)大学入試に対応した取り組みも始める。最後に学習の伸びについてだが、中学入学時の首都圏模試の偏差値は40~41だが、中学3年の段階で国語53、英語56、数学50と大きく伸び、特に英語の伸びが著しい。

プログラム3

5分

(10:40~10:45)

学校生活について

説明者:中2生徒(2名)

7時40分~ スタディ0「希望者が参加」
8時25分~35分 点呼、朝読書、SHR 
8時45分~14時40分 
1~6時限授業 
15時15分~16時 スタディ7

授業は電子黒板を使った英語授業などたいへんわかりやすい。お昼ご飯はお弁当を持参するが、売店でもおにぎり、サンドウィッチなどを買うこともできる。ドッジボール大会、かるた大会、文化祭など、様々な行事がある。文化祭では、部活動発表や各学年でお店を出店する。中1のホテルマナー研修では、おいしいご飯も食べられ、ディズニーにも行けたので一番楽しい思い出となった。本日は「アイ展」を行っている。武蔵野美術大学と協力した美術展で中学1年の時から準備を重ねてきたので是非観てほしい。

プログラム4

15分

(10:45~11:00)

入試要項について

説明者:教頭

本校の入試の特徴は、自分の一番得意な科目で受験できることである。2月1日午前はWILL(ウィル)入試。WILLには「意欲」という意味があり、本校を第一志望に考えている受験生にお勧めである。国語、算数、思考力の3つから2つを選んで受験できる。30分50点満点の試験で、他の試験と比べると比較的基礎的な問題が多く出題される。WILL入試は面接があるが、出願の際にWILL入試出願理由書という作文を提出して頂く。その作文に沿って、本校志望理由、入学後にどんな活動をしたいかといった口頭試問である。その面接試験はプラス点として加算されるので合否判定で有利となる。2月1日午後は通常の2科4科入試で、この試験のみ英語特別コースはチャレンジできない。2月2日は思考力(適性検査型)で、思考力テスト1と2に分かれている。思考力テスト1は読解問題で国語的な試験である。思考力テスト2は融合問題で、国語を含む算数、理科、社会の融合問題である。クイズ形式の問題も取り入れているので、解いていくと非常に楽しい試験である。昨年の問題がホームページからダウンロードできるので、確認してほしい。最後に2科3科入試は国語、算数または国語、算数にプラス自分の得意な科目1科を理科、社会、英語の中から選択しての試験である。WILL、思考力、2科3科の試験は英語特別コースにチャレンジできる。こちらは英検4級~2級レベルの英語の試験を受ける必要がある。英語特別コース以外は英語に力を入れていない訳ではない。1週間に7時間英語授業があるが、一般コースもうち1時間はネイティブ教員による授業がある。残りの6時間のうち3時間はネイティブと日本人英語教師によるチームティーチング授業となる。一般コースでも十分に英語の力を身に付けることができる。12月3日、1月14日にチャレンジ体験入試のイベントがある。参加した受験生には最後に修了証をお渡しする。終了証を手に入れると、本番の入試に有利になるので是非参加してほしい。昨日地震があったが、本校校舎の耐震構造は万全で、非常用飲み水、食料も十分保管されている。そして電気に関しては、大容量の発電機、蓄電池、屋上にソーラーパネルも補助用として設置してあるので、安全面に関しては安心してほしい。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
- なし

見学

校内見学授業見学
- -

編集後記

高等学校がSGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)指定校ということもあり、英語教育がとても充実していると感じました。また、課題発見・解決力の育成や国際教育プログラムの充実ぶりは、21世紀型の新しい教育を取り入れたこの学校の大きな特徴だと思います。この日は、中学2年生が武蔵野美術大学と協働して行った美術展「アイ展」も同時に開催されていました。中学2年生が展示されている絵の解説を楽しそうにしている姿がとても印象的でした。
(ST)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする