• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

めいせい

明星中学校 

学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)

説明会名:第6回 学校説明会・入試問題解説・入試対策授業

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2016年12月3日(土) 晴れ - 14:00~15:30 視聴覚ホール

申込み(予約)

不要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約200人

父親の参加率

約20% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
20% 80%

子供向け企画

あり 入試対策授業

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
○※1 無料

[ 入試問題/解説 ※1 ] 入試対策授業に出席者のみ

開始前の動画上映 15分 明星祭2016(文化祭の様子)
説明会時間:1時間30分

プログラム1

5分

(14:00~14:05)

本日の流れと資料確認

説明者:司会 入学広報 長谷川先生

小6の児童は別室で授業を受けているため、終了後の合流の仕方などの説明

プログラム2

5分

(14:05~14:10)

挨拶

説明者:校長 畠山 武先生

本日は入試問題解説等があるため、いつもなら本校のビジョンや方向性などお話しするのだが、挨拶だけで失礼する。私学として最も大事なものは、建学の精神だと思う。本校の建学の精神は「和の精神のもと、世界に貢献する人を育成する」であり、90年前から変わっていない。しかし今は教育の大きな変革の時、変わらなければいけない部分(英語の取り組み方や、ICT教育など)は、学校を挙げて対応している。先日ニュートンが万有引力を発見するきっかけとなった、リンゴの350年前の木の苗木を譲り受け植樹したので、興味のある方は見て行ってほしい。

プログラム3

25分

(14:10~14:35)

総合説明

説明者:教頭 中村先生

パワーポイントを使用して説明。
○沿革 ○クラス編成 ○建学の精神(和の精神のもと、世界に貢献する人を育成する) ○教育目標⇒自律心をもった自立した人の育成 ○校訓⇒健康、真面目、努力 ○教室、体育館(写真により紹介) ○教育ビジョン⇒グローバル時代に対応した「活躍力」を一人一人に身に付けさせたい。上記校訓をあらゆる場面で実践し、手塩にかけた「授業・進路指導・生徒指導・入試対策」を実施する。(抜き刷りプリントあり)また、93年変わらない教育の特徴は、凝念教育、手塩にかける教育、体験教育、自律と自立、豊かな自然、充実した施設であり、今変わりつつある教育の特徴は、国際英語教育、理数教育、アクティブラーニング、ICT活用、未来のリーダーの育成、自己実現のサポートである。英語教育と理数教育の具体的な説明。補習、講習について、指名補習のタイミング。進路状況(右肩上がり)。最後に本校は、やる気、チャレンジ精神のある生徒を求めている。そんな生徒を手塩にかけて育てます。

プログラム4

30分

(14:35~15:05)

入試要項説明

説明者:入学広報室長 神谷先生

○募集要項。中学入試要項の冊子3ページ参照。日程、募集人数、選考方法、時間、配点など冊子の通り。試験科目は、本科2科+本人面接、MGS4科+本人面接、この面接は落とすための面接ではない。また、本科とMGSとでは、国算も問題は違う。検定料は、同時出願の場合に限り、22000円で複数回受験できるが、詳しくは冊子1ページを参照。
○それぞれ合格最低点などは資料集P23~24を参照。2科受験の場合、片方が極端に点数が低いと、不合格になる場合もある。過去問に取り組み体調万全にして臨んでほしい。
○出願手続き。出願書類は①入学願書②小学校の通知表は最新のものの記入のあるページ全頁をコピー。③検定料。現金払いの場合は現金と青紙。その際領収書のブランク欄もすべて記入。
○合格発表。16:00~17:00に本校校舎1階ロビーに掲示発表とインターネットで発表。いわゆるガラ系の携帯電話では見る事ができない。本科の第3回のみ補欠合格を出す可能性あり。参考までに昨年は補欠合格は無。
○入学手続き。冊子の通り。
○追加入試・適性検査型・特待生入試・AS入試についてもそれぞれの入試要項冊子の通り。適性検査型の過去問は都立武蔵のHPを見てほしい。武蔵を意識した内容となる。入学手続締め切りは2/9(木)。2・3回目をMGS入試にする場合は別出願となる。
○帰国生入試。1/7午前試験。海外在住1年以上。帰国後3年以内なら大丈夫。本科のみ受験可能。

プログラム5

25分

(15:05~15:30)

入試問題解説

説明者:国語科、数学科、社会科、理科、各教員

中学校入学試験傾向資料のプリントを用いてそれぞれの教科の先生が説明。
〈国語〉漢字は漢検5級まで。問題2の書き写し問題は、思い込みで書くと間違えやすい。国語はやればやるだけ伸びる。特に漢字は必ず伸びる。
〈算数〉途中式も加点対象となる。途中の計算を丁寧に書く習慣をつける。大問4は図形や規則性問題だが、例年規則性の方が多く出題される。MGSは本科よりも難しい問題が出題されるので本科の過去問を100%解けるようにしておくとよい。
〈社会〉MGSのみ。3分野について幅広く学習する。「地理分野」は地図を見ながら地名、産業、気候をおさえる。「歴史分野」は写真、絵画、絵巻物をしっかり見る。「公民的分野」時事的内容をチェック。
〈理科〉MGSのみ。4分野均等に出題。記述問題が多いので理屈を順序立てて説明できるようにする。答えがない問題も出る。自分はこう思う。が書けるとよい。字を丁寧に。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり:15:40~16:10 なし

編集後記

校舎見学は希望者のみでした。敷地が広くすべての空間が広々としていました。日当たりもよすぎるほどとのことで、贅沢な話だと思いました。また、教頭先生のお話のなかに、凝念という言葉が出てきましたが、この言葉は卒業生皆に響くキーワードだそうで、姿勢を正し目を閉じ精神統一するものだそうで、授業の前後、行事の始まり終わりなどに必ずやり、生徒がざわついているときなど「凝念」の一声で静まるそうです。卒業後も条件反射は消えないそうでとても良い習慣だと思いました。またロビーにはたくさんのトロフィーが飾ってあり、文武両道の学校なのだと感じました。
(M)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

明星中学校の過去の説明会レポート

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする