• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

きょうりつじょし

共立女子中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

時代を超えて輝き、羽ばたく女性

共立女子中学校は「誠実、勤勉、友愛」の校訓のもと、時代を超えて輝き、羽ばたく女性を育てます。そのために、人間形成として「関わる力(人間関係力)」「動く力(計画行動力)」、学力形成として「考える力(情報活用力)」「解く力(問題解決力)」の4つの力を育成します。

教育の特色

伝統の小笠原流礼法

共立女子中学校では、学校創立以来、小笠原流礼法の形を基本として、美しい振る舞いを身につけるための指導を行っています。中学では道徳の時間内で2週間に1度、礼法の指導を行います。高校は礼法の授業などでより具体的なマナーを学びます。
学習および進路指導については、中1~高1はしっかりと基礎を身につけ、高2から進路志望別コース編成(国公立文系・私立文系・理系)となり、一人ひとりの実践力を伸ばします。
国語では、読書習慣を身につけるために毎月1冊以上の感想文を『読書ノート』に書きます。高校も読書記録や朝の「読書タイム」によって読書を奨励。ブックトーク、作文、小論文指導、漢検など、6年間で「読む・書く・聞く・話す」の4つの力を総合的に養います。
英語は語彙、文法、読解、自己表現活動、英検それぞれの力を伸ばす指導を行います。中1~中2は少人数制授業、中3以降は少人数の習熟度別授業を取り入れます。自己表現活動としてスキット・スピーチ・ディベート、ディスカッションなど学年に応じてスキルを高めます。英検は中2で3~準2級、中3~高1で準2~2級、高校卒業までに準1級取得を目標に指導します。GTECも実施します。
数学は中2から習熟度別授業を行い、高2までに教科書すべてを終了します。さらに希望者対象に、習熟度に応じたハイレベルな補講や授業の補習などの個別指導を放課後に行います。

施設設備

食堂はアイスクリームやスイーツも

共立女子中学校の校舎は堅牢で重厚感があり、施設も充実しています。コンピュータ演習室は美術のコンピューター・グラフィックスや情報の授業で使用。蔵書8万冊の図書館は広い自習スペースも確保。明るい食堂は日替わりランチやカレー、お弁当やパンなどメニューが豊富。放課後はアイスクリームやスイーツ類、中華まんなども購入できます。

学校行事

高3の伝統ダンス「荒城の月」

共立女子中学校の行事はバラエティーに富み、一つひとつが伝統の味わいと重みを持っています。6月はウィーン少年合唱団公演(隔年)。8月は高1・高2希望者による海外研修。カナダとニュージーランドでそれぞれ18日間のホームステイを実施します。10月は体育祭と共立祭(文化祭)。体育祭では高3が伝統ダンス「荒城の月」を発表します。12月のマスタリーコンサート(高校)は、ピアノ・声楽・管弦楽器などの分野からオーディションで選ばれた生徒が演奏します。

部活動

太極拳部や能楽部など希少クラブも活動

共立女子中学校では、部活の参加率は中学では約90%、高校では約85%となっており、課外講座の華道や中国語会話も含めるとほとんどの生徒が何らかの活動をしています。
運動部は剣道部、卓球部、ソフトテニス部、太極拳部、ダンス部、バトン部など10。部員100人のバトン部は外部大会で活躍。太極拳部も人気があり、全国交流大会出場。文化部は英語部、演劇部、弦楽合奏部、吹奏楽部、茶道部、能楽部、食物研究部など16。

進路指導

東大・京大に合格。医歯薬系も上昇中。

共立女子中学校では、積極的な学習支援を行っています。補習は週1回、英語・国語・数学で指名生徒と希望者を対象に実施。成績上位者対象の補講は年数回実施します。
放課後は大学・大学院に通う卒業生が進路指導室に待機し、勉強や進学などいろいろな相談にのります。
夏季講座は主要教科をはじめさまざまな教科で実施します。大学受験対策、礼法(浴衣の着付けなど)、美術、理科実験など種類も豊富。中高合わせて中学で70講座以上。希望制で1講座1,000円です。
例年難関国公立・私立大学に多数合格しています。国公立大は東大、京大、一橋大、お茶の水女子大、筑波大など。私立は早慶上智、東京理科大、GMARCHなど。近年理系志望者が増えており、東京慈恵医科大、聖路加看護大など医歯薬系、農業・工業大学の合格実績が大きく伸びています。
共立女子大学の併設校として優遇措置があり、毎年10%程の生徒が同じ神田一ツ橋キャンパス内にある大学へ進学しています。

その他

防災・安全対策も万全

共立女子中学校では校舎の耐震補強を2000年から重ねて行っており、東日本大震災においても構造的な被害はほとんどありませんでした。食料、簡易トイレ等の防災備蓄品は生徒全員3日分を用意。電気は1回線が故障しても他の2回線で受電できる「スポットネットワーク」を採用、ガスも非常時には自動的にストップする「マイコンガスメーター」を採用しています。
学園で防災センターを設け、365日24時間体制で警備員を配置して生徒の安全確保に努めています。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る