• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

けいかじょし

京華女子中学校 

学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)

説明会名:第4回中学説明会(全学年対象)

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2015年12月26日(土) 晴れ 10:00 10:30~11:30 講堂

申込み(予約)

不要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約80人

父親の参加率

約20% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
0% 0% 100%

子供向け企画

あり 入試解説、在校生との懇談会

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
無料

説明会に参加してみて説明会に参加してみて

冬休みにも関わらず、在校生が大勢協力して会を盛り上げていた。自ら名乗り出て協力しているとのこと。愛校心溢れる生徒が多いのと、生徒と先生方の距離の近さを感じられるアットホームな説明会であった。
(TS)

開始前の動画上映 20分 学園生活
説明会時間:1時間15分

プログラム1

15分

(10:35~10:50)

学校長挨拶、学校説明

説明者:学校長

京華学園は2年後の120周年を迎える。明治30年、創設者 磯江潤先生により京華中学校が創立。明治42年に「賢い母を育てる」という精神のもと、京華高等女学校が創立された。創立の精神は一世紀以上経った現在まで脈々と受け継がれている。京華女子では、「Women of Wisdom~深い知識と豊かな心を育む~」をスローガンに掲げている。
教育の特色は、
1.問題解決能力の育成、覚える力⇒考える力を身に付けるためにアクティブラーニングを行っている。また、20年前からEHD教育を実践、体験学習、プレゼンテーション、ICT機器の活用などを積極的に実施している。
2.国際理解教育(海外体験学習)では、日本文化を大切にしながら、異なる文化を受け入れられる人材を育成していく。カナダ修学旅行(中3、3月に4泊6日)では3泊はホームステイを行う。その前の準備として、八ヶ岳高原にある当学園施設で英語シャワーを浴びたり、ファームステイなどを行う。オーストラリア海外語学研修(希望者)は中2~高3までが対象で夏休みに2週間行う。ニュージーランドターム留学は高1、2年が対象で、現地校へ3か月間(3学期)留学する。※約120万円ほど費用がかかるが、助成金で50万円ほど戻ってくる。京華女子は4年-2年体制を採っており、中1~高1までは一貫教育で、英・数・古典の中2,3年次は習熟別授業授業を行う。進路に関しては、大学進学76.4%、短大7.1%、専修10%で、50%以上が日東駒専以上に進学している。H28年度入試では、早稲田8名、上智2名、法政6名、中央3名、その他、理系学部の合格実績もあがっている。クラブ活動も盛んで、吹奏楽部、マーチングバンド部は2年連続で全国大会で賞を受賞している。

プログラム2

10分

(10:50~11:00)

入試説明

説明者:教頭

募集概要は入試情報を参照。国語、算数は各45分、理科社会は同時配布で50分。配点は国語・算数は各100点、理科・社会は各50点満点。2教科、4教科で受験可能であるが、4教科受験の場合は、国語・算数の2教科での判定と4教科判定の2回判定する。第1回午前・午後から第5回まで6回受験機会があるが、第3回までを受験した方が特待の機会がある。合格の目安として、総合点で50%の点数獲得。首都圏模試の偏差値では、単願でSS40、併願でSS42。特待生の可能性など、個別相談を設けているので事前相談してほしい。

プログラム3

20分

(11:00~11:20)

11月8日、12月13日に実施した入試問題セミナーの解説

説明者:国語科、数学科教諭

国語⇒整序問題、抜き出し問題を過去問でよく練習しておくこと  算数⇒全部で20問、1問5点で100点満点の構成。計算問題4題はしっかり点を取れるように。奇問難問はないのでミスなく確実に点を重ねること。短い時間でも毎日コツコツ勉強を重ねること。

プログラム4

30分

(11:30~12:00)

クリスマス懇談会

説明者:

グループに分かれ、各グループごとに在校生との懇親会

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり なし
  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう