• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

男子校

この学校をブックマークする

ほんごう

本郷中学校 

学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)

説明会名:学校説明会 第1回

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2015年5月23日(土) 晴れ 13:30 14:00~15:30 講堂

申込み(予約)

不要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約1000人

父親の参加率

約40% 含夫婦連れ

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
0% 90% 10%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
- - -

[ 備考 ] 生徒会広報誌・父母の会会報・学校紹介冊子・入試概要・本校の現状(プリント)

説明会に参加してみて説明会に参加してみて

学校が予定していたよりも、多くの人が来校し、人気の高さがうかがえた(講堂の席を急きょ増やし、別会場で映像を見る保護者もいた)。文武両道、自学自習、生活習慣の確立という、教育の基本路線を忠実に実践。よって、勉強もクラブ活動も熱心な生徒が多く、学校行事も生徒主体で取り組んでいるようだ。地に足がついた教育を行う学校という印象を受けた。
(編集者 T.K)

開始前の動画上映 20分 合唱コンクールの様子
説明会時間:55分

プログラム1

15分

(14:10~14:25)

本校が目指す教育

説明者:校長

1.本校が育成したい人材・・・社会のリーダー、自分の夢や希望を持ち、発展させられる、社会に貢献できる人材。 2.社会のリーダーに必要な資質・・・幅広い知識をもっている。その知識を活用し、問題解決のために多様な選択肢を考えられる。相互コミュニケーションがとれる。 3.本校の教育方針・・・文武両道・自学自習・生活習慣の確立 「文武両道」→中学は週3日、1回2時間、高校は週5日、1回3時間。限られた時間内で自己鍛錬する。 「自学自習」→本校独自のカリキュラム

プログラム2

15分

(14:25~14:40)

本校の教育の取り組み

説明者:中1担任

1.中学1年生に期待すること・・・一人ひとりが自分らしく生きてほしい。現在の中学1年生から大学入試が変わり(センター試験廃止)、アウトプット能力が求められる時代に。変化に対応できる力を育成。 2.実践している教育の4つの柱・・・①システム手帳を書く→生活記録表を書くことで、自己管理能力を身につける。 ②ドラマケーション→コミュニケーション能力を高める。 ③理論エンジン(国語科) ④グループ学習(アクティブ・ラーニング)  高度な言語運用能力を身につけ、難しいことを楽しくチャレンジできる生徒を育てていきたい。

プログラム3

10分

(14:40~14:50)

学校紹介

説明者:

朝読書から始まる本校の1日、施設、学習、行事、クラブ、教育理念

プログラム4

(14:50~11:05)

本郷中学校の現状

説明者:教頭

1.教育目標・教育方針・・・教育目標は「強健」「勤勉」「厳正」、教育方針は「文武両道」「自学自習」「生活習慣の確立」 この方針を徹底し、生徒の主体性を育み、探求型の学習姿勢を身につける。 2.学校の雰囲気・・・多様性を認める雰囲気。明るく楽しく、伸び伸びとした学校生活を送っている。 3.生活指導・・・基本的生活習慣の確立。クラブ活動や学校行事の参加を奨励。 4.学習面での取り組み・・・中3で「中学卒業論文」を作成。学習を先取りし、中2で中学校カリキュラム、高2で高校カリキュラムを修了。中2~3年に計3回の中学課程基礎学力試験を実施。

プログラム5

15分

(15:05~15:20)

入試概要、中学入試説明

説明者:入試広報部長

1.入試日と募集人数・・・2月1日( 80名)、2月2日(120名)、2月5日(40名)。複数回出願し、入学手続きした場合は、それ以降の未受験分の検定料を返金。1月31日(日)の受付はなし。即日合格を発表し、希望者は得点を開示(発表時間内・合格者は除く)。入学手続き、帰国子弟優遇制度、繰り上げ合格の取り扱いの説明。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし なし

見学

校内見学授業見学
あり なし
  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る