• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

やまわきがくえん

山脇学園中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

志を大きく育て、豊かな人生を拓く一生の力に

山脇学園は、1903(明治36)年に山脇玄・房子夫妻が創設。校章に込められた初代校長の想いである「秀峰三姿」は、「いつどこから見ても変わらぬ姿」「清らかで穢れなき心」「感情を抑える克己心とおだやかなで平和な姿」をあらわしている。また、現代社会で女性が活躍するために必要な力を育むために、教育目標は「自ら求め、深く学ぶ(自主・探究)」「志を抱き、未来を拓く(立志・展望)」「お互いに思いやり、仲間とともに創る(互恵・協働)」の3つを定めている。

教育の特色

英語チャレンジプログラム・科学研究チャレンジプログラム

英語・国際教育および理科教育に重点を置き、校内施設「イングリッシュアイランド(EI)」「サイエンスアイランド(SI)」を学びの舞台として、力を大きく伸ばしている。EIには学校、レストラン、銀行、シアターなどイギリスを模した街並みが広がり、ネイティブ教員が常駐。校内留学の環境で自由英会話や各種英語講座、シアターでの映画鑑賞など多様な英語学習プログラムを展開している。中3の希望者は「英語チャレンジプログラム」として、EI内にホームルームを置き、ネイティブ教員と英語科の教員が担任となり、日常の会話はすべて英語で行う。
SIは物理・化学・生物地学の計4つの実験室、顕微鏡観察室、プレゼンテーションルーム、サイエンスアイランドホール、屋外実験場、大学レベルの機材が整った生命科学系継続実験室など充実の理科施設。中3の希望者は「科学研究チャレンジプログラム」として、SI内の継続実験室で放課後や昼休みを利用して1年間かけて研究に取り組む。東京都立大学や早稲田大学などとの高大連携実験授業も行っている。
中学では英・数・国は先取り授業を行い、高1から文理等の進路に応じた選択カリキュラムとなる。語学系・国際系学部や海外大学志望者などを対象としたネイティブ教員による英語の授業ACE(アメリカン・クラスルーム・エクスペリエンス)も設置。また、高校では大学受験科目の授業はすべて習熟度別で行っている。

施設設備

校舎全面リニューアルで最高品質の教育施設に

都心とは思えない広大で緑豊かなキャンパス。最高品質の教育施設をめざして校舎全面リニューアルを行い、イングリッシュアイランド、サイエンスアイランドをはじめ次々と新しい特別教室がオープンした。「自学館」には蔵書5万冊超の図書館と、自学自習室、教員が常駐する進路指導室が集合。講堂、特別講義室棟、カフェテリア、調理室・試食室、音楽ホール。

学校行事

農場実習やオーストラリア語学体験研修

年間を通して体験的な行事が豊富。5月は中3修学旅行(関西)、中3科学研究チャレンジプログラム(西表島)、校外学習(中学・高校)、中1農場実習(芋苗植え)、7月は夏季学校(中2・高1)、8月はオーストラリア語学体験研修(高1希望者)、9月は山脇祭(文化祭)、10月は体育祭、(高1・高2)、中1農場実習(収穫)、12月はスキーチャレンジキャンプ、2月は合唱祭(中学)が行われる。

部活動

特任部のEI部、SI部、LI部

90%以上の生徒が部活動に加入している。学校からのミッションを受けて活動する特任部として、ネイティブ教員とEIでの放課後のアクティビティーなどを企画するEI部、SIの施設を拠点に自主研究を行うSI部、研究活動やプレゼンテーションなどを通じて、社会に出ても役立つ活動をするLI部がある。運動部にはテニス部、ソフトボール部、卓球部、山岳部、バレーボール部など。文化部には書道部、茶道部、散歩部、漫研アルカディア部、折り紙と砂絵部、かるた部などがある。
同好会には文学同好会、写真同好会がある。

進路指導

放課後特別授業・長期休暇講習

さまざまな学習サポートを展開している。「放課後特別授業」は、課外の特別講座として「補習講座」と「チャレンジ講座」の2種類を設置。補習講座は、指名生徒を対象とし、英語・数学を中心に実施している。チャレンジ講座では、意欲的な生徒を対象として、英検対策講座やTOEFL講座のほか、授業内容をより深く掘り下げた内容を取り扱う。夏期講習は、7月下旬と8月下旬に各教科のさまざまな講座が開講されている。自由参加にもかかわらず、毎年ほとんどの生徒が講座を受講している。基礎レベルから応用レベル、難関大学受験対策講座などさまざまなレベルで普段の授業とはひと味違う多様な講座を開講。冬休み・春休み期間にも、各学年・各教科の指導の必要性に応じてさまざまな講座が開講される。

その他

伝統の女子教育

琴・礼法・華道は、同校伝統の授業。音楽の授業とは別に、中1で必修の授業「琴の時間」(山田流)を設けている。また、中1~3の道徳の授業の半期を使って「礼法」と「華道」の授業を行っている。これらの学びを通して日本文化への理解を深め、日本女性ならではの豊かな感性や、相手を大切にする心を育て、それを美しく表現する所作を身につけていく。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう