• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

男子校

この学校をブックマークする

めいせい

明星中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

社会のあらゆる分野で指導者として活躍でき、他者のために働ける人材を育成

カトリック修道会「マリア会」によって設立された「キリストの教え」による教育観・人間観を大切にする「カトリック学校」。キリスト教では、人間は「神様によって創造されたもの」、「理性をもって行動する存在」であり、一人ひとりがかけがえのない、大切な存在であるとされている。創立者であり、初代校長のウォルフ先生の言葉「明星の生徒は神様から預かった大切な生徒たちだから、彼らの成長のためにあらゆる努力を惜しまない」という教育理念を今も実践している。教育目標は、キリストが人びとに示した理想的な人間像を、生徒の一人ひとりの中に実現すること。
理想的な人間像とは、神のみ前に自らの弱さを認める謙虚さを持ちながら、絶えず自分の人格の陶冶を心がけ、同時に他者の尊厳を認め、そのためには、自分に不利な事柄もあえて引き受ける寛容さを持つ人間のこと。学園では“よき明星紳士たれ!”を標語に掲げ、生徒が理想社会の実現のために、社会のあらゆる分野でその核となって指導的な活動をなし、他者のために働きえるような人材となるよう指導している。

教育の特色

生徒の向上心と希望に応えるコース制を導入

一人ひとりの旺盛な向上心に応え、成績および希望と適性に応じて選択できるコース制を導入。豊富な授業時間と丁寧な指導で確実に学力を伸ばす。中学校では入学時に「特進クラス」と「英数クラス」の2つのコースを用意している。「特進クラス」と「英数クラス」では高1まで同じ進度で学習し(各学年の終了時に、成績および希望と適性に応じてクラスを再編成)、英数クラスにおいては、基本~標準レベルまでの繰り返し学習により、特に基礎学力の徹底的な定着を図る。高2進級時には両コースとも文系・理系の選択を行い、生徒をしっかりとフォローしていく。

施設設備

「紳士」たちの成長の舞台となる充実した学園施設

学園を見守る聖母マリア様の優しいまなざしのもとで、美しいステンドグラスと純白の壁、厳かな雰囲気ただよう聖堂をはじめ、全校生徒を収容できるマリアンホール、各種スポーツ設備や最新の情報設備など、充実した環境で「明星紳士」が伸び伸びと育まれている。美しい聖母像のステンドグラスは、イタリアで特別に作られたもの。厳かな空気のなか、ミサが行われる。放課後、生徒が利用できる自習室。さらに高校生は20時まで使用できる専用の自習室がある。野球練習場とサッカーコート、2レーンの陸上用コースを有する運動場。管理棟の3階と4階に設置された2階構造の図書館。6万冊の蔵書の所蔵、検索用コンピューターも4台ある。1800席、最新音響・映写設備を備え、2階席まである大講堂。入学式や卒業式などの全校行事、鑑賞会などが行われる。樹脂製のオムニコートを使用した4面のテニスコート。生徒一人一台利用でき、最新の機器を完備した2つのコンピューター教室。主に情報の授業で使用しています。3つの体育館があり、さまざまな種目に応じて、体育の授業やクラブ活動に使用されている。

学校行事

貴重な体験を通して、かけがえのない思い出をつくる

生徒一人ひとりが主体的に、体育大会や学園祭などの行事を作り上げ、体験することによって豊かな人間性を育んでいる。中1の5月に行われるオリエンテーション合宿では、共同生活を通して協調性・忍耐力・感謝の心・奉仕の精神、そして祈りの心を養う。9月には生徒会が中心となり企画・立案される学園祭のほか、中学・高校合同の体育大会では、総勢2000名の生徒たちが一同に会し入場行進を行う。そのほか、4月にはオリエンテーション(中1・高1)、校外学習(中)、球技大会(高)、5月球技大会(中)、校外学習(高)、7月には研修旅行(高2)、8月には海外短期留学(希望制)、9月には球技大会、10月には研修旅行(中2)、12月にはクリスマスの集い、3月にはウォークラリー(中1〜高2)、群読発表会(中1)、琵琶説教鑑賞会(中1)などを実施している。

部活動

クラブ活動での経験・努力は学習にも効果的

伝統的にクラブ活動が活発。中学1年生の約9割がいずれかのクラブに所属している。運動部では、野球部、サッカー部、バスケットボール部、陸上競技部、ソフトテニス部、バレーボール部、ワンダーフォーゲル部、剣道部、体操部、卓球部、水泳部、応援部が、文化部ではカトリック研究部、新聞部、弁論部、音楽部、美術部、生物部、化学部、写真部、天文気象部、英語部、書道部、放送部、地歴部、グリークラブ、ディベート部、囲碁将棋部、落語研究同好会、演劇同好会、文芸同好会、マジック同好会が活動している。

進路指導

濃密なカリキュラムで確実に合格を目指す指導

東京大学・京都大学、国公立医学部などを目標に、最難関国公立大学進学をめざす「特進クラス」では、余裕をもって学ぶため、週6日、38時間体制をとっている。中2からは高い目標を目指す生徒のために「特進選抜」を設け、濃密なカリキュラムを用意。必要に応じて補講なども積極的に行うことで、最難関国公立を目指す実力を養う。また、大阪大学・神戸大学、国公立歯薬学部などを目標にした難関国公立大学進学をめざす「英数コース」では、成績差の原因となりやすい英語と数学の2教科に注目し、「特進コース」と同じ週38時間体制。丁寧な指導で苦手意識を克服し、積極性を高めることで「特進クラス」との学力差の解消を図り、難関国公立大学を目指す。

その他

能動的な活動を通して学びを深める「リベラル・スタディーズ」を実施

受験のための知識習得に留まらず、「品格」「思考力」「真の学力」を備え、豊かな教養と深い人間性をもって社会に奉仕できる「明星紳士」を育成。また、「調べる」「聴く」「読む」「考える」「語る」「書く」という能動的な活動を通して学びを深める「リベラル・スタディーズ」を実施し、コミュニケーション力、知的推進力を養っている。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る