• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

たきがわだいに

滝川第二中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

さまざまな体験が豊かな人間力を育み、現代社会をたくましく生きる力をつける

中学校では「至誠一貫」「質実剛健」「雄大寛厚」の3つの校訓を軸に、超難関国公立大学、難関国公立大学、難関私立大学など志望に合わせたコースを展開している。定めた目標に向かって最後まで誠心誠意追求するという「至誠一貫」の精神に則り、生徒たちはそれぞれの夢に向かって、互いに刺激し合いながら大きく成長する。そのなかで学力向上はもちろんのこと、豊かな人間力を育むことを目指している。SW(スペシャル・ウェンズデイ:毎週水曜日に行う学習・体験)をはじめ、さまざまな体験ができる人間教育の場を設けることで、生徒たちの「生きる力」を育む。
「知性あふれる人間を育てます」「礼節を尊ぶ人間を育てます」「感性豊かな人間を育てます」「国際感覚豊かな人間を育てます」「心身ともに逞しい人間を育てます」を5つの約束として設定。個性を重視し、様々な潜在能力を引き出し、伸ばす教育を実践する。

教育の特色

2つの新しいコースは世界で生き抜く力を育てるコース

少人数体制で生徒一人ひとりの個性をしっかり見極め、勉強だけではなく多彩なイベントの実施、社会性を身につけるための生活指導など、バランスのとれた人間性を育てる。
6カ年を「中1・2」「中3・高1」「高2・高3」の3つのステージに分ける。各ステージで学習面では「先取り学習」を行い、最終ステージで目指す大学に焦点を当てた学習に取り組む。同時にキャリア教育も行い、「進路探求プログラム」などで職業観や人生観を育む。「SW(スペシャルウェンズデイ)」には命の教育や華道教室、芸術鑑賞、福祉体験などもあり、同校の全人教育の根幹となっている。何事にも積極的に取り組み、学力向上とともに職業観、人生観を高め、教養を深める。
現在「プログレッシブ特進一貫コース」「特進一貫コース」の2コース制を採用。「特進一貫コース」は、クラスの垣根を越えて今まで以上にきめ細かく指導し、高度な英語・数学の力をつけ、難関国公立大学に現役合格を目指す。「プログレッシブ特進一貫コース」は、理数系重視のカリキュラムでプログレ教育を行い、「超難関国立大学」に現役合格を目指す。

施設設備

自然環境に恵まれた滝二。豊かな精神はその中で育まれる

広大な敷地に配備された体育館、武道場、人工芝グラウンド、全天候型陸上競技トラック、野球場、テニスコート、アーチェリー練習場、ゴルフ練習場といった運動設備はもちろん、最新の環境をそなえたパソコン教室、図書室、自習室などが、充実した学生生活を支える。

学校行事

仲間と過ごすかけがえのない時間。キラキラ輝く思い出が日々生まれる

4月には新入生オリエンテーション合宿、5月には滝二祭、7月には夏期講習(前期)、海の研修(2年)、SWワイドイベント、芸術観賞、8月には夏期講習(後期)・英会話集中講座(3年)、9月には体育祭、10月には世界の研修(3年)、わくわくオーケストラ、11月には歴史研修遠足、12月にはSWワイドイベント、1月にはカルタ会、2月には山の研修(1年)、3月には合唱コンクールなど、年間を通してさまざまな行事が行われる。特にテーマを設定して行う研修旅行では、自主性や協調性を育成し、普段の学校生活では味わえない貴重な体験を通して一生に残る思い出となる。1年生の冬に行われる「山の研修」では、スキー講習を行い、餅つき大会などたくさんのプログラムを仲間とともに体験し、学年の団結を強めていく。2年生の夏に行われる「海の研修」では、外国人リーダーの元、生きた英語を学びながら、多くの自然体験を行う。3年生の秋に行われる「世界の研修」では、事前学習を通じて訪問国の文化を調べ、2泊3日のホームステイで生きた言語に触れる。異文化の中で生活することで、国際理解を深め、外国語を学ぶ大切さを実感する。

部活動

先輩・後輩との交流を通じて確実に成長していく

運動部はサッカー部、テニス部、ゴルフ部、空手道部、アーチェリー部、女子バレーボール部、バスケットボール部、剣道部、バドミントン部が、文化部は吹奏楽部、演劇部、囲碁・将棋部、インターアクトクラブ、華道部、ESS同好会、写真同好会、自然科学同好会、化学同好会が活発に活動を実施している。

進路指導

より高いステージを目指して、個人の特製や目的を尊重したバックアップ体制

入学直後から行われるさまざまなテストや考査により、生徒一人ひとりの実力や適性を把握し、進路選択が適切なものとなるよう努力目標を明確にする。選択授業へのアドバイスや受験対策、補習指導など数多くの進路学習の機会により、将来への意識付けを行い、個々の希望と適性に応じた進路の実現をバックアップしていく。
1年次より体系的な進路学習がスタート。総合・学習ノートを利用し、入学時には、日常の学習習慣を見つめ直し、新しい高校生活での目標を明確化する。次いで、社会とのつながりから就きたい職業、進みたい学部・学科などを考え、自らの進路について、インターネットや本での情報の調べ方を理解する。そして社会に出るまでのルートを知り、仕事にまつわる基礎知識を身につけていく。2年次には、さらに社会への視野を広げるとともに、大学入試についての研究・理解を深め、3年次での実践力につなげる。
校外模試は1・2年生は年間5回。3年では、ほぼ毎月実施。成績データをもとに進路指導部と担任の先生方でデータ共有会を行ったうえで個別面談を行い、次回の目標設定や志望校検討をする。また、模試デジタルサービスを活用し、生徒が自主的にパソコンやスマートフォンで成績チェックや目標の設定、復習問題への取り組みが出来るようにしている。
当初には、基礎学力が身についているかを確認するスタディーサポートを実施。結果をもとに6月に面談を行い、基礎学力と学習習慣の定着を目指す。
推薦・AO入試対策では、受験生1人に複数の教員がつき、志望理由書・小論文対策・面接等の個別指導を行っている。また、オンラインによる全国の大学の推薦・AO入試受験レポートの閲覧が出来るようにするなど、手厚い体制を整備。さらに、1年から3年まで全員に小論文模試を課し、事前の小論文講座・事後の書き直し指導などを行うことで、推薦・AO入試のみならず、一般入試や将来の就職等にも役立つ文章力が身につくような指導をしている。
新入生には、オリエンテーション時に、進路指導室の利用の仕方を説明するなど、進路ガイダンスにも力を入れている。その中で、将来の方向性と自己の適性を早くつかむことが大切であること、またそのために、授業を中心とした学習活動を一生懸命に行い、高校生活を充実させることが大切だということを説明している。 各学年で外部講師を招いての生徒対象および保護者対象の進路講演会を実施。例えば、3年生の保護者対象説明会と講演会では、年間の進路スケジュールや就職・進学についての概略を説明した後、講師の方に大学入試の現状や受験生を持つ保護者の心構えをお話しいただいている。
また、1・2年生で、大学見学バスツアーを実施。国公立大や難関私大を訪れ、卒業生や大学の広報の方にその大学の特徴や入試について説明していただいている。学食で昼食をとり、校内を自由散策して、一日、大学生気分を味わい、早い段階から進学意欲を高めることに役立てている。

その他

体験を通して、生徒たちの自主性や想像力、自然科学などに対する興味を引き出す

毎週水曜日に命の教育や福祉施設訪問、華道教室、芸術鑑賞など、生徒たちの想像力や自然科学に対する興味を引き出す、スペシャル・ウェンズデイ(SW)という体験学習授業を設けている。また、体験学習以外にもキャリア教育の一環として職業研究や、講師を招いての講演会、大学研究など、キャリアプランを中学生のうちから描けるような機会も設けている。
2年生で行う進路探求プログラムでは、自分たちよりも先に生きて夢を実現させたロールモデルの足跡を追い、その体験をもとに自らの歩みを見つめることで、進路探求のための意思や視点を育てていく。前半では、日本経済新聞のコラム『私の履歴書』を題材に、チームで協力して、様々なエピソードを追いかけ、その人生を凝縮した「人物ドキュメンタリー作品」を制作。材料集めや年表作成に取り組みながら、構成や演出を工夫し、自分なりの視点を定めて、主人公の生きる力に深く触れる。後半では、前半での活動をふまえて、ロールモデルたちと同じ『私の履歴書』のフォーマットを使って、生まれてから現在までを題材にした「私の履歴書・過去編」と、まだ見ぬ未来を想定してつづる「私の履歴書・未来編」、あわせて2編の履歴書を執筆する。 最後は、クラスでディスカッションに取り組み、客観的に作品を眺め、未来を展望することにより、自分の考えをふくらませ、進路意識の基盤を熟成する。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう