• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

男子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

けいか

京華中学校 

学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)

説明会名:第2回中学説明会

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2016年11月6日(日) 晴れ 13:30 14:00~15:30 京華学園百周年記念講堂

申込み(予約)

不要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約300人

父親の参加率

約40% 含夫婦

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
10% 50% 40%

子供向け企画

あり 入試過去問題解説会

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
- 無料

[ 備考 ] サンデー毎日掲載「305学習塾・塾長アンケート」塾イチオシの中高一貫校/京華中学校イベントのご案内/京華中学校・適性検査型入試のご案内チラシ/2017偏差値ランキング/平成28年度入試概況/平成29年度 生徒募集要項/平成29年度 京華中学校 学費等決定のお知らせ。

説明会に参加してみて説明会に参加してみて

とてもしっかりとした生徒が多い学校だと感じました。というのは、説明会の途中で登壇された在校生(高校生)のお話しは、照れながらも自分の考えや思ったこと、感じたことをお話しされており、参加された保護者の方の目にもご自身の子供が成長した姿が重ねることが出来たのではなかと感じました。広い講堂のステージで話す中学1年生の姿も初々しく感じましたが、将来の目標がしっかりと定まっており、優秀な生徒が多いのだと感じました。
(A.O)

開始前の動画上映 30分 学校生活の様子(お弁当タイム・オリエンテーション・スポーツフェスティバル・英語の授業など)
説明会時間:1時間25分

プログラム1

10分

(14:05~14:15)

ご挨拶

説明者:校長・町田 英幸先生

男の子はとても飽きっぽく、何をやらせても続かいないものですが、自分の好きなことにはとても夢中になります。本校の教育は男子をやる気にさせる動機付けや、好きな事を見つけるための仕掛けが沢山あります。好きなことに努力し、小さくても結果が出たときに褒めてあげることで、生徒の自信につながります。生徒には一人ひとり、秘められた才能があり、この才能を引き出し、磨いていくのが京華の教育です。これが120年に及ぶ京華の建学の精神である「天下の英才を得て之を教育す」です。この『英才』とは優れた才能を意味し、社会に有用な人材の育成です。本校は創立当初より、学問にとどまらず、優秀な人材の育成に取り組んでいます。

プログラム2

40分

(14:15~14:55)

学習活動・学校生活について

説明者:入試広報部長・山田 道行先生

まずはじめに、予告なしで撮影された生徒の様子を動画でご紹介。
本校の生徒は屈託のない素直な生徒が多いです。
特別選抜クラスについてのご説明。主体的に学べる男子・豊かな人間関係を築ける男子・困難に打ち克てる男子を育てます。具体的な取り組みとして、主体的に学べる男子を育てるために、朝学習を行い、毎日の積み重ねから基礎学力の定着を図り、集中力や読解力を養います。また、次年度よりタブレットを導入しアクティブラーニングを進化・加速させます。放課後の時間の使い方も自主的・主体的に取り組んでいます。例えば、ある中学2年生の生徒は、月:部活動(テニス部)。火:学校に残り宿題。水:東大生サポート学習。木:部活動(帰宅後勉強)。金:英語再テスト(帰宅後勉強)。土:部活動。日:のんびり。(午後から勉強)。といった具合に、生徒一人ひとりが自分で考え、自主的に放課後を利用しています。
在校生(高校生)による、インタビューコーナーがありました。
Q1:部活動や生徒会活動について
A1:京華にはプールがないので、練習場所は基本、辰巳国際水泳場などが多い。ただ、プールをもっていない学校ですが、インターハイに出場するなど、かなり頑張っています。
A2:生物班では、生物についてとても詳しくなりますし、また生物の顧問の先生が歩く辞典と言われる程、有名な先生でお話しも面白く、興味がどんどん湧いてきます。
A3:中学1年から生徒会に入って、生徒会活動をしています。選挙で生徒会長になることが出来、30名の部員をまとめる大変さ、後輩に伝える指揮能力が身についたと感じています。
A4:野球部は上下関係などとても厳しいですが、諦めない強い精神力『ネバーダイ』がつきます。

プログラム3

20分

(14:55~15:15)

在校生インタビュー

説明者:企画広報部長・西村 博樹先生。在校生(中学1年)

特別選抜クラス1年生、2名のインタビュー。
Q1:お二人とも野球部に所属していますが、勉強と部活の両立は出来ていますか?
A1:両立出来ています。テスト対策も普段の授業で行っている事で出来ています。
A2:あまり出来ていません。 校外模試などの対策がなかなか難しいです。
Q2:クラスの雰囲気はいかがですか?
A1:男子校は初めての経験で不安でしたが、とても楽しく過ごしています。
A2:クラス全体の向上心が高いです。
Q3:おもしろい授業はなんですか?
A1:体育です。大人数で体育が出来るのはとても楽しい。
A2:EC(イングリッシュ・コミュニケーション)の授業が楽しいです。
Q4:この先生はイチオシ!
A1:町田校長先生です。校長先生との三者面談の時など、アドバイスが今でも耳に残っています。
A2:EC(イングリッシュ・コミュニケーション)の先生がとても好きです。
Q5:将来の夢はなんですか?
A1:消防士を目指しています。
A2:弁護士などを目指しています。

プログラム4

15分

(15:15~15:30)

平成29年度入試について

説明者:企画広報部長・西村 博樹先生

配布された募集要項とスライド資料をもとにご説明。
平成29年度入試のポイント。入試は3日間【2月1日午前・午後】【2月2日午前・午後】【2月3日午前】で、同一願書(同一料金)で連続受験が可能です。また、第一志望者を優遇(条件:2月1日午前入試を受験すること)として併願の受験者よりも合格を優遇します。「特別選抜入試」で特待生にチャレンジ。公立中高一貫校との併願可能「特別選抜適性検査型入試」2月2日午前に実施します。出願時に中高一貫か特別選抜を選択していただきますが、【中高一貫クラス】を受験し、高得点者は【特別選抜】での合格もあります(全ての回)。また、【特別選抜クラス】の受験者で特選の合格点に達しない場合、中高一貫クラスへのスライド合格もあります(2月1日午前入試のみ)。特待生の制度について(1年間の免除内容)《例》:第一志望の場合・特待区分1【入学金全額・授業料全額*4科のみ】特待区分2【入学金全額・授業料半額*2科・4科】特待区分3【入学金半額・授業料半額*2科・4科】このほか、特待区分S【入学金全額・授業料全額・施設維持費】があります。詳しくは個別相談等でご相談ください。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり:15:30~16:00 なし
  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう