• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

おおつま

大妻中学校 

学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)

説明会名:第1回学校説明会

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2016年7月10日(日) 晴れ - 10:00~11:15 大妻講堂

申込み(予約)

必要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
必要 不要

参加人数

約850人

父親の参加率

約15% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
0% 50% 50%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
○※1 - -

[ 入試問題/解説 ※1 ] 前年度入試問題

[ 備考 ] その他、スクールガイドリーフレット、講習パンフレット、説明会のご案内、中学1年だより 週刊朝日「選ばれる私学」

説明会に参加してみて説明会に参加してみて

全員が6年生ではないにしろ、すごい参加人数に圧倒されました。講堂が満席になり2階席にも案内されている中で、開始前には吹奏楽部の演奏や、プログラム3の在校生の座談会など、現役の生徒が堂々とステージに立ち演奏なりトークなどをしているのを見て、勉強だけでなく自己表現についても色々な教育をされているのだろうと思いました。また、その生徒たちの姿を先生が優しい眼差しでご覧になっているのを見て、学校の雰囲気が伝わってきました。
(M)

説明会時間:1時間15分

プログラム1

15分

(10:00~10:15)

あいさつ

説明者:校長 井上 美沙子先生

日頃お嬢様方に、大妻がどのように接しているかを申し上げたい。
大妻は創立108年の伝統を持つ学校であるが、日々進化をしている学校である。グローバル化が避けられない昨今、お嬢様方が社会に出るころには、今の職業の半分が変わるであろう21世紀に、どのような自己実現をし、どう社会に貢献できるか、その為の基礎学力と人間力の向上を支援するのが大妻の接し方である。本校はオックスフォード大学と様々な交流がある。自分の枠を超えて考えられる力を持つために、違う環境に身を置いて新しい体験をすることに力を注いでいる。留学制度を整えたり、大学生の受け入れをしたり、また、オクスフォード大学のハートフォードカレッジに、大妻生が渡英した際いつでも使える研修室「コタカルーム」もある。外の社会に出たときに、どのような事象にも対応できる大人になるために身に付けて欲しい力を育むべく、本校は今までも、そして今後も励み続けるので、安心してお嬢様を預けてほしい。今日は存分に大妻を見て行ってほしい。

プログラム2

10分

(10:15~10:25)

学校紹介ビデオ放映

説明者:教頭 増田 稔先生

画鑑賞後、創設者大妻コタカ先生の紹介。校訓の「恥を知れ」は校章の裏に刻まれている。大妻が育てる身に付けさせたい4つの資質。①自律と自立の精神 ②協働の心 ③確かな学力 ④社会とつながる について説明。

プログラム3

20分

(10:25~10:45)

在校生座談会

説明者:生徒(中学1年生6名、高校2年生1名、高校3年生1名) 中学1年副主任 浅井貴子先生

高校2年生と3年生の新旧生徒会長と、中学1年生6名により、座談会形式で大妻の様子を発表した。大妻に入って驚いたこと、文化祭のクラスの発表について、受験のきっかけや志望校の決め方、小学校との違い、好きな教科などなど、高校生が質問して中学生が答える一問一答形式で行われた。内容もしっかりしていたが、何より生徒たちが堂々としており、また、さすが生徒会長のお二人は、大人顔負けの進行ぶりで素晴らしかった。中1副主任の先生も、この企画に最初はハラハラしたものの、生徒たちの堂々とした話しっぷりにほっとしたと話されていた。ほんの数か月前は、初めての電車通学に、初めてのお友達に、と不安と緊張でいっぱいだった生徒たちの姿が、今は遠い昔のように感じるとも話された。

プログラム4

20分

(10:45~11:05)

進路学習と進学指導

説明者:主幹 赤塚宏子先生

画面で実際の授業風景を映しながら、カリキュラムやICT教育の説明や、実際の生徒のノートや学習計画表などを映し、ノートの取り方をはじめ、すべての生活がちゃんとできるようお手伝いをする、細やかなサポート体制を説明した。また、進路指導では合格実績と進路指導プログラムを説明。校内で実力をつけるため、普段の授業に加え長期休暇中の多彩な講習の内容を資料を見ながら説明された。日常の勉強から大学合格まで大切に指導していくのが全教員の使命と思っていると結ばれた。

プログラム5

10分

(11:05~11:15)

入試情報

説明者:入試広報部主任 佐々木有紀子先生

ガイドブック27ページを参照しながら入試の説明。昨年度を振り返る。どの回も65%正解率を目指し過去問の研究をしてほしい。入試問題は今までと大きな変更はない予定。詳しくは秋の入試説明会にいらしてほしい。4教科の総合点で合否判定をするので科目ごとの足切りはなし。また、複数回受験者は繰り上げ合格の際、優遇有。3回のうち1回でも合格最低点より数点下だった場合、繰り上げ候補者となり、繰り上げが優先される。昨年度も17名が繰り上げ候補者となり、全員が繰り上げ合格となった。続いて今後の公開行事と説明会の紹介をし、特に入試説明会は、出題分野や、ちょっとしたお得情報などもあるので、保護者だけでもいらしてほしい。受験生には文化祭やオープンスクールなどが、学校を実感できのでおすすめ。今後もHPを通じ情報を発信していくので注目していてほしい。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり:11:20~12:00 なし
  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る