• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

じょうさいだいがくふぞくじょうさい

城西大学附属城西中学校 

学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)

説明会名:第3回学校説明会・授業見学

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2016年10月5日(水) 曇り 9:30 10:00~11:15 本校

申込み(予約)

必要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約50人

父親の参加率

約1% 含夫婦

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
50% 40% 10%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
○※1 -

[ 入試問題/解説 ※1 ] 平成28年度入試問題集

[ 備考 ] 資料集/施設案内地図/中学募集要項/新型入試について/ダイヤモンド特集記事2種/体験入学関連書類

説明会に参加してみて説明会に参加してみて

カウンセラーの先生によるお話しは、これから思春期をむかえるお子様をお持ちのご家庭には、その興味関心は高いと感じました。それは同時に城西大学附属城西中学校の生徒だけではなく、保護者の方に向けても配慮されている取り組みであり、少なからず安心感を覚えたのではと感じました。カウンセラーの先生の、頑張りすぎないでください。という言葉にとても勇気づけられる思いがしました。 また、普段の説明会では、生徒インタビューなど在校生が企画し、受付や校内へのご案内を行っているそうです。この日は平日開催であった為見ることが出来ませんでしたが、次回は生徒の活躍を見てみたいと思いました。
(A.O)

開始前の動画上映 20分 体育祭の様子
説明会時間:1時間15分

プログラム1

30分

(10:00~10:30)

城西教育と城西の魅力

説明者:校長・加藤 晃孝先生。 副校長・田島 清純先生

本日は、平日開催の説明会として、実際の授業などを通して本校の生徒を見てもらいたく開催する運びとなりました。本校はどんな学校なのか??一言でいえば、生徒同士が仲が良い学校です。それは本校に特進クラスをもっていないことも大きいといえます。みんなで一緒に伸びていくという、まさに本校の建学の精神にもありますように、個性の尊重:お互いを認め合いましょうという思いがあります。 これが自然とグローバル教育にもつながっています。 
本校の創立100周年に合わせて、建学の精神の見直しや教育活動の見直しをはかり、何が一番生徒のためになるかを考えて、まずは、楽しい学校生活を送れるように、そして、大学入試改革・高大接続に対応し、城西生として卒業し社会貢献が出来るように教育をしていきます。
建学の精神における『天分の伸長』はどうやって伸ばすのか? 授業(英語)を例にご説明。
本校は英語に力を入れています。 平成28年度から普通クラスでは 7時間中 2時間がNative Englishによる英語の授業があり、英語は1クラス 既修生を対象に取り出し授業を展開しています。また、放課後補習(全員検定試験合格を!英検準2級を目指す) そして英語になじむ環境も整っていることも特徴です。ネイティブ常勤講師3名+ALT2名、『英語を使って数学や美術を学ぶ』いわゆるイマージョン教育を取り入れ、学校には常日ごろから、留学生をクラスに一人いるように取り組んでいます。 
我々が出来ることは、生徒に好奇心や探究心を与えることが教育活動であると考えています。

プログラム2

20分

(10:30~10:50)

悩み深き時期を支えるために

説明者:スクールカウンセラー・嘉手納 悟 先生

スライド資料をもとにご説明。
基本的に週2日学校に勤務しています。保健室内にカウンセリングルームがあり、相談者は生徒・保護者の方でも対応いたします。相談の内容は、学習面の課題や思春期的な問題、対人関係などさまざまです。内容に応じて、学校としてどのような対応が取れるか、先生方とも相談しながら対応を調整します。想定されるトラブル①:【小学校生活との違いに戸惑い、適応しきれず登校を渋りだす。親の言うことを聞かずに反発を繰り返す。時には、暴言・暴力もみられる。学習の進度についていけない。思うような成績が残せない。部活動での悩み】など。
具体的なカウンセリングの例:まずは丁寧に話を聴く、気持ちを整理する。自分でも気が付いていないような自分の気持ちにフォーカスする。そして何ができるか、具体的なことを考える(悩んでいる・困っているときは、視野が狭くなっていることが多く、冷静な判断が難しくなります。) 望ましい聞き方として、結論を出してあげられなくても、子どもが愚痴や弱音を話すことができた時点で、親の役割としては大成功といえます。重要なことは、親が頑張りすぎないことです。

プログラム3

10分

(10:50~11:00)

保護者インタビュー

説明者:在校生保護者(母)。 インタビュアー・田島 清純先生

在校生の保護者の方へのインタビューがありました。
Q1、子どもの目線で、城西を選択された理由はなんですか?
A,参加した学校説明会での生徒インタビューがとても良く、長男に見てもらいたいと思い、学園祭などに参加して、長男も気に入って受験しました。
Q2,他校と比較するうえで何が決めてでしたか?
A、実際に通う生徒などみたら、子供が気に入ったので第一志望に決めました。
Q3,いつから私立受験を考えましたか?
A,小学校4年生からです。そこから塾に通うようになりました。
Q4,説明会で一番聞きたいことは何でしたか?
A,カリキュラムはもちろんですが、生徒の様子など知りたかったです。
Q5,本校の教育の良いところは?
A,留学プログラムがいいと思います。短期留学をさせた経験を通して、目標が定まり、英語を使った仕事を目標にしています。

プログラム4

15分

(11:00~11:15)

2017年度 中学募集について

説明者:入試企画部長・坂本 純一先生

配布された募集要項をもとに。
本校が求める生徒像:①学習・部活・行事・友人関係なども含め、学校生活そのものに前向きな生徒。②学習・生活習慣ともに小学校で教わることが一通り身についている生徒に選んでいただきたいです。 
本校は2017年度入試から全回Web出願となります(前日22時まで決済受付)。
通常、2科型・4科型入試に加えて、新たな入試、英語技能入試と適性検査型入試をスタートいたします。
英語技能入試:2月1日午前・午後。科目:英語のみ英検3級レベル。筆記とリスニング。*日本語による面接を実施します。
適性検査型入試:2月2日午前。 定員10名。小学校で学ぶ国語・算数・理科・社会の知識。遊びや日常体験を考察、思考、表現する能力を問う。 *公立中高一貫校適性検査Ⅰ・Ⅱに準拠した形式で出題します。
帰国性入試:定員10名。10月15日、12月8日、1月9日
国算or英数+面接。出願資格:1年以上海外に滞在し、帰国後3年以内。 英語の試験は筆記のみ(英検3級レベル)

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり:11:15~12:00 あり:11:15~12:00
  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう