スタディ中学受験情報局(中学受験に関するニュースや最新情報をスタディがお届け)

2021/2/18(木)

付属校人気の背景と注意点 【教育keyword series8】

右肩上がりの付属校人気

近年、付属校(ここでは「附属校」も含め、このように表記することとします)の人気が高まっています。大学入学共通テストは、ようやく始まりましたが、今後どうなっていくか、まだまだ先行き不透明感が残ることや、大学の定員管理厳格化による上位校、中堅校の難化などがその理由として挙げられます。コロナ禍が、安全志向をより強めているという側面もあるかもしれません。大学の付属校に中学や高校から入学していれば安心、というのは誰しもがうなずけるところでしょう。付属校の人気が上がるのも無理のないことなのかもしれません。

無条件で進学できるわけではない

多くの付属校では、高校3年間の成績や校内外の活動などが進学条件の基準を満たした上で、校長の推薦を得ることによって併設大学に内部進学することができます。注意しておきたいのは、決して無条件で進学できるわけではないという点です。

ここでは、日本大学の準付属校である目黒日本大学高等学校の例を見てみましょう。日本大学には、付属生用の内部進学試験「基礎学力到達度テスト」があります。このテストを受け、(A)基礎学力選抜方式と(B)付属特別選抜方式の2つのパターンで推薦を受けることによって、内部進学が可能となります。

このように、試験を課して一定以上の学力レベルを担保したり、英検2級またはTOEIC450点以上などの条件を設定している付属校もあります。志望校選びの際には、内部進学のための条件がどうなっているのかを確認することが大切なのです。

付属校と系属校

ところで、付属校に似て非なるものとして、系属校があります。この両者の違いはどこにあるのでしょうか。それは、学校法人が同一であるかどうか。付属校は、同一法人が運営しているのに対して、系属校は、それぞれ異なる法人が運営しているのです。例えば、明治大学には、附属校1校と系属校2校があります。

・付属校:明治大学付属明治高等学校中学校
・系属校:明治大学付属中野高等学校中学校、明治大学付属中野八王子高等学校中学校

内部進学の条件は、3校でそれぞれ異なりますので、やはり、同じ大学の付属校や系属校であっても、それぞれの特徴をしっかり確認することが大切です。

併設大学進学以外のメリット

併設大学への進学以外にも、付属校のメリットはあります。それは、大学受験を意識することなく、大学進学後の学びにつながる学習が中高のうちからできること。こちらの方が、本質的には重要なメリットだと言えるかもしれません。

例えば、芝浦工業大学附属高等学校では、高大連携講座を高1から高3で実施。芝浦工大の教授、大学生、大学院生のサポートを得て学んでいく中で、生徒たちは、どの学部、どの学科に進み、どの研究に携わっていくのかを見出していくわけです(詳しくは、『高校受験スタディ』の特集記事をご覧ください)。

おすすめの付属校

『中学受験スタディ』では、多くの付属校、系属校をご紹介しています。それぞれの特色を把握して、ぜひ、志望校選びの参考にしてください。

・大妻中学高等学校
・大妻嵐山中学校高等学校
・共立女子第二中学校
・国立音楽大学附属中学校高等学校
・工学院大学附属中学校高等学校
・実践女子学園中学校高等学校
・芝浦工業大学附属中学高等学校
・湘南白百合学園中学高等学校
・昭和女子大学附属昭和中学校高等学校
・城西大学附属城西中学高等学校
・女子美術大学付属高等学校中学校
・白百合学園中学高等学校
・聖学院中学校高等学校
・成城学園中学校高等学校
・聖心女子学院中等科高等科
・多摩大学附属聖ヶ丘中学高等学校
・帝京大学系属帝京中学校高等学校
・東海大学菅生高等学校中等部
・東京家政大学附属女子中学校高等学校
・東京純心女子中学高等学校
・東京電機大学中学校高等学校
・東京都市大学付属中学校高等学校
・桐朋女子中学校高等学校
・東洋英和女学院中学部高等部
・東洋大学京北中学高等学校
・獨協中学校高等学校
・日本体育大学桜華中学校高等学校
・文教大学付属中学校付属高等学校
・明治学院中学校明治学院東村山高等学校
・明星中学校高等学校
・目白研心中学校高等学校
・立教女学院中学校高等学校
・立正大学付属立正中学校高等学校
・関東学院中学校高等学校
・相模女子大学中学部高等部
・清泉女学院中学高等学校
・青山学院大学系属浦和ルーテル学院中学校高等学校
・本庄東高等学校附属中学校
・東邦大学付属東邦中学校高等学校
・和洋国府台女子中学校高等学校

関連記事

教育のトレンド

2021/3/30(火)

1回行けばそれでOK!? 学校説明会の利用法 【教育keyword series13】

中学受験を検討する時、まず最初にするのは情報収集でしょう。通学可能な範囲にどのような学校があり、どのような特徴があるのか。今、ご覧いただい…

教育のトレンド

2021/3/24(水)

私立校はやっぱりお金がかかる!? それでも進学者が増える理由 【教育keyword series12】

中学受験に関心があるという人は、かつてはごくごく一部に限られていました。私立校には、入学金や授業料等があり、お金がかかるというイメージがあ…

教育のトレンド

2021/3/11(木)

女子校 今、共学校人気の中で【教育keyword series11】

近年、男女共学校の人気が高まっています。その理由は、様々なことが考えられますが「社会に出たら男女一緒に働くのだから、中学・高校も共学の方が…

教育のトレンド

2021/3/2(火)

制服の新潮流 【教育keyword series10】

実は今、学校制服に新しい潮流が生まれています。制服? 中学生、高校生は制服を着るのが当たり前。制服を着る理由なんて考えたこともない。そんな…

教育のトレンド

2021/2/25(木)

学校教育におけるSDGs 【教育keyword series9】

SDGsという言葉をよく耳にします。最近では、メディアだけではなく、学校教育の現場でも頻繁に語られるようになってきました。SDGs(Sus…

教育のトレンド

2021/2/9(火)

アドミッション・ポリシー 私立校の特色を端的に表出【教育keyword series7】

中学校受験を考えるときに、まず頭を悩ませるのは、志望校選びですね。永年、その軸となってきたのは偏差値です。なるべく偏差値の高い学校に入学さ…

教育のトレンド

2021/2/2(火)

探究でなければ学習ではない!? 探究がトレンドとなる理由【教育keyword series6】

探究的学習、探究型学習、探究の時間、探究する心……。最近、教育について語られる言葉の中に「探究」という単語がよく出てきます。このトレンドは…

教育のトレンド

2021/1/25(月)

増加する新タイプ入試 中学入試多様化の背景にあるもの【教育keyword series5】

国算理社の4教科、もしくは国算の2教科。できれば、小学4年生から塾に通い、しっかり対策をしていく……。それが中学受験の常識でした。今でもそ…

教育のトレンド

2021/1/18(月)

アクティブ・ラーニング その現状と私立校の取り組み【教育keyword series4】

今、教育を語る上で、盛んに使われる言葉の一つとして、アクティブ・ラーニングが挙げられます。文部科学省の中央教育審議会が2012年に行った答…

教育のトレンド

2021/1/12(火)

ICT教育の今 私立校の特色ある取り組み【教育keyword series3】

「タブレット端末を生徒一人に一台貸与」「学習支援ツールを使ってアクティブ・ラーニングを実施」などという言葉をよく耳にすることからもわかるよ…

教育のトレンド

2020/12/22(火)

英語教育のトレンド 4技能の向上に注力する私立校 【教育keyword series2】

「中学、高校、大学と英語を学びながら、ろくに日常会話もできない」。日本の英語教育については、以前からそのように語られてきました。その反省の…

教育のトレンド

2020/12/15(火)

STEAM教育とは 先進私立校が推進する最先端の教育 【教育keyword series1】

AIが世界を急激に変えていくだろうと言われている昨今、注目されているのがSTEAM(スティーム)教育です。STEAMとは、Science(…